まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ長崎
山﨑のりえ

母子のコミュニケーションを向上させるプロ

山﨑のりえ(やまさきのりえ)

和がやのたからもの

コラム

子育て・思春期【とはいえイライラするときもある】

子育て思春期

2018年3月1日

【とはいえ!イライラするときもあります】

いくらマザーズコーチングを学んだからとはいえ・・・

シニアマザーズティーチャーだからとはいえ

神様のような母親になれるわけではなく(;'∀')

先日も、朝から体調すぐれす遅刻か欠席か?

でちょっとした言い合いに^^;

「今日は行けそう?」

「・・・・・」

「ちょっときつくても頑張ってみたら意外と

平気だったりして?」

「・・・・・」

というか、娘が黙っていることにイラつく私

「今日は予定あるから9時過ぎまでには

決めてくれないと送れないからね~」

「わかってる!!!」

(ほら大声出せるじゃん)母の心の叫び・・・

イライラiイライラ(-_-;)(;'∀')


ただ以前と違うことは

「早く決めなさい!
はっきりしなさい!
ぐずぐずするから調子も悪い!」

などと(^^;

言葉攻めしなくなったこと。。。

コミュニケーションを学んだ今

昔を思い出す度、

ごめんね~とリビングの中心で叫ぶ母

相手に伝わる言葉を意識して

子育ての視点が増えると

自然と自分で自分の言動や行動を

考えることができるようになり・・・

そして・・・

この言い方良くない気がする。

の漠然とした母の不安の気持ちが

こういう風に言えばよかった。

今度からこう言ってみようかな。

と思考の習慣化ができて・・・

あれ?いつの間にか

普通に言葉を意識できている自分に

出会えるのかもしれません。

子どもは親が考えている以上に

傷ついていることを教えてくれたのは娘です。

親子のコミュニケーション・信頼関係の視点を

さらにもっと、増やしていきたいと思いkます。

この記事を書いたプロ

山﨑のりえ

山﨑のりえ(やまさきのりえ)

山﨑のりえプロのその他のコンテンツ

Share

山﨑のりえプロのその他のコンテンツ