まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ長崎
山﨑のりえ

母子のコミュニケーションを向上させるプロ

山﨑のりえ(やまさきのりえ)

和がやのたからもの

コラム

子育て思春期【受験どうする?】

子育て思春期

2018年2月20日 / 2018年2月21日更新

【受験どうする?】

中学校1年生のゴールデンウィーク明けから

3年生の3月初めころまで

学校登校は前述していたようなペースでした。

2年生になって娘がぽつりと言いました。。。

「不登校だったら内申でどこも厳しいよね・・・」

もう頑張っても高校へはいけないかもしれない。。。

不安と悲しみとが入り混じった様子でした。

「そんなことないんじゃない?まだ時間あるし、

ゆっくり考えてみればいいんじゃない?

一緒にいろいろやってみよう!」

この時はもう私自身の子どもとの向き合い方を

マザーズコーチングに教えてもらっていたので

後は、母の実践あるのみでした。

「見学にいってみる。。。」

この言葉を娘から聞いた時

安心と喜びでいっぱいになりました。

まだ2年生でしたが、気になる高校を片っ端から行くことにしました。

最終的に娘が選んだ高校は2校・・・

自宅を離れて、やりたい専門分野の高校に行くか

中学校生活を楽しめなかった分、楽しみながら勉強する高校に行くか

真剣に悩んで悩んで悩みぬいて

娘が決めた高校は

『楽しみながら勉強する高校生活」

でした。

子どもの進路や将来の事に

親が意見を言ったり、無意識のうちに誘導したりしがちですが、

『自分で考えて決める』

この事がとっても大切。

自分で選んだ結果に、もし困難が訪れたとしても

それを乗り越えようとする力はとってもたくましいです。

親の役割は、

子どもが選んだ方の行く末を見守ること。。。
 
子育てに必要なものは

『親の勇気と覚悟』

なのかもしれません。。。

この記事を書いたプロ

山﨑のりえ

山﨑のりえ(やまさきのりえ)

山﨑のりえプロのその他のコンテンツ

Share

山﨑のりえプロのその他のコンテンツ