マイベストプロ長崎
吉村安之

音楽の力で誰もが輝く未来への歩みを後押しするプロ

吉村安之(よしむらやすゆき) / 音楽スクール

株式会社メディアミックス

コラム

学校が嫌いでも大丈夫!~今、夢中になれるもの~

2023年1月16日 公開 / 2023年1月30日更新

テーマ:学校嫌い・不登校・家庭環境・音楽

コラムカテゴリ:スクール・習い事

大笑い。

気がつけば50代になった私ですが、中学生の時からミュージシャンに憧れ、バンド活動に夢中になった青春時代でした。
無断欠席、遅刻、早退を繰り返し、周りの人に迷惑ばかりをかけていた私ですが、高校3年生の時、進路指導の先生から「お前は卒業したら何をするのか?」と聞かれ、「音楽で食べていく」と言うと、「馬鹿か」と大笑いされたことを今でも覚えています。

音楽どころじゃない。

卒業後、働きながら音楽活動をしていたのですが、現実は甘くないことを思い知らされました。
と言いますのも、そもそも音楽活動をしていけるような家庭環境ではなかったのです。
私が高校を卒業して社会に出る頃には、親が莫大な借金を抱えていたため、「早く親を楽にさせてあげたい」と、無我夢中で働く日々でした。

音楽を嫌いになるしかなかった。

23歳の頃、東京の音楽事務所からお声を掛けて頂いたこともありましたが、「親の生活を支えているので、生活費の保証がない限り東京には行きません。」しかし、心のどこかで「いや、行けません。」と言いきって、それを境に完全に音楽から離れることになりました。

支えてくれた人。

高校を卒業してから32歳で起業するまでは、働いても自由に使えるお金のない生活でしたが、一度も不満に思ったことはありませんでした。今思えば、他人なのに私を支えてくれる人がたくさん居たからだと思います。

無駄なことなどない。

正直に言いますと、音楽を恨んでいた時期もありましたが、あれから長い年月が経ち、気がつくと当時の私と同じ世代の子たちが、今の私を音楽でつないでくれております。
私の「未来世界」に、このような幸せが待ってくれていたのかと、悔しかった過去がすべて感謝に変わりました。

途中はいろいろあっても夢は続いてることを知った今、生きることで精一杯だからこそ、夢中になれるものを見つけることの大切さを、初めて自分の言葉で言えるような気がします。

音楽スクール・英語教室
広告デザイン・印刷・看板
株式会社メディミックス

この記事を書いたプロ

吉村安之

音楽の力で誰もが輝く未来への歩みを後押しするプロ

吉村安之(株式会社メディアミックス)

Share

吉村安之プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-2580-6480

 

※非通知設定の電話はお受けしておりませんのでご注意ください。また、スタジオレッスン中は電波が入らない場合がございます。恐れ入りますが改めておかけ直し下さい。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉村安之

株式会社メディアミックス

担当吉村安之(よしむらやすゆき)

地図・アクセス