マイベストプロ長崎

コラム

「コロナの感染予防をしない夫」への対応策:2つのポイント

● GO TO キャンペーンが始まりましたね

GO TO トラベルや GO TO イートなど
「経済を活性化させよう!」
という動きが加速してきました。

ステイホームでガマンの日々を過ごしてきたので
その分も楽しもう!という方も多いと思います。

ただ、コロナが終息したわけではありませんから、
感染対策も十分に気を付けながら、ということになります。

自分がうつらないように、
そして、誰かにうつさないように、

お互いに気を付けながら
新しい生活様式を楽しんでいきたいですね。


●夫がコロナ対策をしてくれない・・・

こんな状況の中で、実は立て続けに

「夫がコロナ対策をしてくれない」
というご相談をいただいています。

たとえば、手洗いや換気をしない。

マスクをしないで、
外出したり、飲みに行ったりする。

どんなにお願いしても

「そんなの、意味がない!」

「オレはコロナにはかからない」

という謎の自信で、
かたくなにコロナ対策を拒否する、という状況です。

夫だけならまだしも、
家族の健康もかかっているわけですし、

日本中(世界中)が感染拡大を止めようとしているのに、
周りにも迷惑をかけてしまいます。

切実なお悩みです。


●謎の自信の理由

こういう主張をする人には

自分なりのマイルールや、
価値観にこだわりを持つ方が多いです。

自分のルールを大事にする人は、
どうしても

人が決めたルールに乗ることへの
拒否感が強くなります。

それが、自分の意見と合わない場合は、
さらに反発する気持ちが強くなっちゃうんですね。

では、そういう相手に対しては
どうしたらいいか、というと

ポイントは2つです。

●ポイント1:否定しない

人は自分の考え方や価値観を否定されると
とても傷つくし、怒りを覚えます。

コロナの感染対策を
必要と思わない相手から見ると、

マスクをしたり、手を洗ったり、
距離を保って人と接する姿は

「情報に踊らされて、バカみたいだ」

「コロナにおびえて過ごすなんて、情けない」

と見えているかもしれません。

そんな相手から
「あなたは間違っている」
「あなたのやり方はやめた方がいい」
と言われても

「いやいや、そっちこそ間違えている」
と思われるだけです。

というわけで
夫の主張に対して、否定はしないこと。

「うんうん。そうだねー」

「あなたはコロナにはかからないよねー」

と、彼の主張を「うんうん」と聞いてあげます。

●ポイント2:相手の得になることを伝える

感染対策の必要性は感じなくても

自分に得になること、役立つことなら
やってもいいな、と思うし

自分にとって損になること、不利になることなら
やめようかな、と思うものです。

だから、コロナ対策をしないことで
どれだけ自分が損をするか、
ということを淡々と伝えます。

たとえば

「あなたはかからなくても、
ウイルスを運んでくることで、
私が感染しちゃうかもね。

そうすると、あなたに家事の負担がかかって
大変になるのが心配だなあ」とか

「子どもが感染しちゃって
学校に行けなくなったら
勉強が遅れてしまうだろうから
その後、塾代がかかるかもね」

みたいな感じです。

自営業の人なら

「このご時世、
感染対策をしてないことが広まったら、
お客さん減っちゃうみたいよ」

などなど

夫が「損したら困るポイント」が
それぞれあると思うので、そこを伝えるといいです。



●伝え方を変えると伝わります

こんなふうに、
相手を否定せずに、相手が喜んで
取り組みたくなるような

そんな伝え方に変えると
今まで伝わらなかったことも伝わります。

みんなで元気に
コロナの時代を乗り切りましょうね。

-----

カウンセラー:松尾 聡子

◆ホームページ
https://www.leport-n.com/

◆ブログ
http://ameblo.jp/fsd-counseling/
http://ameblo.jp/leport-nagasaki/

-----

カウンセラー:松尾 聡子

◆ホームページ
https://www.leport-n.com/

◆ブログ
http://ameblo.jp/fsd-counseling/
http://ameblo.jp/leport-nagasaki/

この記事を書いたプロ

松尾聡子

夫婦関係のカウンセリングのプロ

松尾聡子(Le Port(ル・ポール))

Share

松尾聡子プロのコンテンツ