まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ長崎
山本涼太郎

子育てに悩む親に親力アップのプロ

山本涼太郎(やまもとりょうたろう)

個別教育 クラーク

コラム

100点のとりかた

学習方法

2013年10月14日 / 2014年8月1日更新

こんにちは(^^)

今日は
期末テスト100点のとりかた
をお伝えします♪

☆期末テスト100点のとりかた☆

①100点をねらう教科を決めましょう

英語…特に中1は満点を狙える絶好の機会です!
    クラスに数人は満点が出るはず!
    教科書を隅から隅まで暗記しましょう。

数学…ひたすら練習あるのみ!
    1冊の問題集で試験範囲にわからない問題が
    なくなるまでくりかえし解きましょう。

国語…中学以降は『満点』をとるのが難しい教科。
    準拠の問題集と試験範囲の漢字を完璧に。

理社…得意な教科は満点を狙いましょう☆
    学校でもらったプリントはよくテストに出題されます。
    基礎⇒応用⇒発展と学習を進め、
    最終的に教科書や資料集を隅から隅までおぼえる。

② どの教科も、問題集は1冊に決めましょう。
   わからないところがなくなったら
   他の問題集も試しましょう。

③試験範囲を熟知し、その範囲に集中しましょう。
   特定できない場合は、確実に試験範囲になりそうな
   単元から順に学習しましょう。

④テスト時間中は必ず『ミスがあるはず』と思って
   時間いっぱい見直しを続けましょう。

⑤最後まであきらめない強い気持ち。


100点をめざして
がんばってくださいね!





    
(注意)実力テストは範囲が広く、
 入試問題は100点をとる必要がないので、
 ともに勉強のやり方は違います。

この記事を書いたプロ

山本涼太郎

山本涼太郎(やまもとりょうたろう)

山本涼太郎プロのその他のコンテンツ

Share

山本涼太郎のソーシャルメディア

rss
個別教育クラーク オフィシャルブログ
2018-03-22

山本涼太郎プロのその他のコンテンツ