まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ長崎
岩永和之

あらゆるリクエストに対応する建築金物のプロ

岩永和之(いわながかずゆき)

株式会社 岩永金物店

お電話での
お問い合わせ
095-821-0797

コラム

住宅・マンション用語【か行】

建築・建設用語集

2015年5月1日 / 2015年5月26日更新

コートハウス

コートハウスとは、建物や塀で囲まれた中庭(コート)をもつ住宅のことです。

建物の中央付近に設けた中庭を取り囲むようにつくられたプランの住宅の総称です。中庭は、外部に対しては外壁や建物自体で閉ざされた空間だが、通行人などの視線を気にせず、プライベートな半戸外空間として活用できるようにしているのが一般的です。そして、中庭に面して設けられた開口部によって光や風を取り込むこともできます。このように、通風や採光を確保しながら、プライバシーも守れるメリットがあるので、建物が密集して南側に大きな開口部がとりにくい都市部でよく採用されます。
坪庭を取り込んだ住宅なども、コートハウスの一種といわれています。

コーポラティブハウス

コーポラティブハウスとは、同様の希望をもつ人々が集まり、共同で建設する集合住宅のことです。

コーポラティブハウスは、住宅の購入や建築など志向を同じくする複数の人々が集まり、建設組合を設立し、協同して敷地の取得や建物の企画、設計、建築工事の発注等を行い、住宅を取得、管理していきます。メリットとしては、自由な設計で建物を建設することができ、 中間マージンを省くことができるので、通常の分譲マンションよりも安い価格で、自分の好みを反映した住まいが持てること、入居前に安心できる近隣関係がつくれるので良好なコミュニティを形成しやすいことなどが上げられます。反面、出資者同士の綿密な打ち合わせが不可欠のため手間と時間がかかるなど、組合員の多大な労力を要するなどのデメリットが上げられます。

コレクティブ住宅

コレクティブ住宅とは、個別の住戸と共同の空間を併設した集合住宅のことです。

個人のプライバシーを確保する私的な住戸と、食事や団らんなどお互いに支えあう共同生活の場を組み込んだ共同居住型の集合住宅のことです。都市における集合住宅の一つの形で、もともとは北欧で生まれた居住スタイルといわれています。それぞれの住宅は台所、浴室、便所の備わった独立した住戸でありながら、それ以外に各住戸の延長として共同のキッチンや食堂、談話室などの共同スペースを設けているものです。共同スペースの使い方や維持管理は、居住者たちで決め、共同スペースをコアとして居住者同士が触れ合う生活が営めます。わが国では阪神・淡路大震災後、初めて公的住宅に採用されています。

この記事を書いたプロ

岩永和之

岩永和之(いわながかずゆき)

岩永和之プロのその他のコンテンツ

Share

岩永和之プロのその他のコンテンツ