まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ長崎
野中ゆかり

自己肯定の素晴らしさを伝える英語のプロ

野中ゆかり(のなかゆかり)

ICH English School

お電話での
お問い合わせ
0957-22-6622

コラム

英会話だけできれば学校の成績はどうでもよいのか?

ICH NETWORK JULY

2015年7月6日 / 2018年4月2日更新

ICH English Schoolの特徴の一つに「縦の関係」があります。

4才から70代までの生徒さんたちが共に学び合う「共育」の場であることを念頭に置いて
クラス編成やイベントを組んでいます。

デイスカッションクラスは高校生と社会人で構成された14人のクラスですし、スーパーハイクラスは中学生3学年の合同クラスです。

小学部においても2~3年生と4~5年生は複式クラスです。

「英語べんきょう会」「英語でcafé & talk」「英語でGo & Talk」などのイベントには卒業生や家族も集うので学び合う範囲と効果はもっと大きいものになります。

上級生の素晴らしいスピーチやかっこいい立ち振る舞いを実際に聴いて見て、下級生たちは憧れを抱き自分のゴールを設定します。

上級生たちは下級生を見て初心に帰ることができます。

そしてその様子を感じることでお家の方々もサポートし、さらには自分も負けられないと勉強を始めてみます。

また上級生を見ることによって自分の子供の将来をイメージすることができます。

このように「縦の関係」には、学校の英語の授業では得られないメリットがたくさんあるのです。

とは言え、英会話ができるとそれで良いのか?と多くの保護者の方は迷われると思います。

いいえ、会話だけできても良くありません。

そもそも英会話と塾に区別をつけることに疑問をもってICHを立ち上げましたので、当然その両方に結果をだすことがICHの使命だと考えています。

国内の遠いところから記すと北海道大学、東京大学、国際基督教大学(ICU)、上智大学、慶応義塾大学、首都大学、東京電気通信大学、青山学院大学、国立音楽大学、東京音楽大学、関西学院大学、京都外国語大学、神戸大学、広島大学、岡山大学、山口大学、高知大学、大分大学、立命館アジア太平洋大学(APU)、熊本大学、西南学院大学、九州大学、長崎大学、活水大学、純心大学、ウエスレヤン大学、その他アメリカの州立大学(正規入学)など。学部も医学、看護、工学、国際関係、文学、教育、音楽と多岐に渡り、それぞれの場所で英語を活用しています。

しかしながら大学も一つの通過点にすぎません。

なぜならICHの最終ゴールは「英語もできる素敵な人になること」だからです。

今後のICHのイベントには素敵な卒業生を呼んで語ってもらいたいと思い今一生懸命根回しをしているところです。

つい最近決勝ゴールを決めた浦和レッズの梅崎司選手。彼は小学校1年生から中学3年生まで9年間ICH生でした。プロバスケットボールの酒井たいじ選手も同じ年数をICHで過ごしました。

活水大学時代にナガサキレイに選ばれ現在はCAとして飛び回っている早紀さんは高校3年までの12年間でした。

カナダの大学院に9月から進学が決まっていてこの6~7月に高校3年生のwritingの指導にきてくれているICU卒業の匡さんは高校生時代スピーチでも模試でも英語は県でトップでした。

卒業生たちがどんなに素敵になっているかは紙面の関係上語りつくせないのですが、共通点はお知らせできます。

「人の話を良く聴き、物静かだが常にフツフツと湧き出るような内に秘めた闘志があり、見えないところで努力し続け、決してあきらめない」

2015年も折り返し地点に来ました。卒業生たちから学ぶことはまだまだたくさんあるようですね!

この記事を書いたプロ

野中ゆかり

野中ゆかり(のなかゆかり)

野中ゆかりプロのその他のコンテンツ

Share

野中ゆかりプロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0957-22-6622

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

野中ゆかり

ICH English School

担当野中ゆかり(のなかゆかり)

地図・アクセス

野中ゆかりのソーシャルメディア

facebook
Facebook

野中ゆかりのソーシャルメディア

facebook
Facebook

野中ゆかりプロのその他のコンテンツ