まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ長崎
深堀賢

豊富な知識でお客様をフルサポートする法律のプロ

深堀賢(ふかほりさとし)

行政書士 深堀法務事務所

お電話での
お問い合わせ
095-807-0022

コラム

食品衛生法改正 HACCP義務化につきまして

HACCP

2018年6月29日

6月7日に食品衛生法が改正されました。
施行日以降の飲食店営業許可や許可の更新にはHACCP書類が必要になります

HACCPとは

HACCP(ハサップ Hazard Analysis and Critical Control Point)とは
食品等事業者自らが食中毒菌汚染や異物混入等の危害要因(ハザード)を把握した上で、原材料の入荷から製品の出荷に至る全工程の中で、それらの危害要因を除去又は低減させるために特に重要な工程を管理し、製品の安全性を確保しようする衛生管理の手法です。
例 ハンバーグを焼くとき
ひき肉中の感染症や食中毒の原因となる細菌などが、ハンバーグの中心の温度が何度で、どれだけの時間が経過すれば安全な段階になるかを科学的に分析し、分析の結果決定した管理方法を実施して、実施した結果を記録する。これによって以前行われていた抜き取り検査のみの管理ではできなかった安全性を証明可能とする(WIKI参照)。

この手法は 国連の国連食糧農業機関( FAO )と世界保健機関( WHO )の合同機関である食品規格 (コーデックス) 委員会から発表され,各国にその採用を推奨している国際的に認められたものです。

※HACCP方式と従来の製造方法の違い


従来の抜取検査による衛生管理に比べ、問題のある製品の出荷をより効果的に未然に防ぐことが可能となるとともに、原因の追及を容易にすることを可能とするものです。 HACCP を 導入した施設においては、 必要な教育・訓練を受けた従業員によって、定められた手順や方法を日常の製造過程で守ることが 必要です(厚生労働省HP参照)。

HACCPのシステムが義務化されると、従来の飲食業営業の申請書プラス、以下のような書類の添付が必要になります。
製品説明書  衛生管理計画 HACCPプラン モニタリング表(管理日誌) 改善計画書
施行後は、新規開業や更新の際に、従来からの飲食業許可の必要書類に加え、HACCPの書類の提出が必要です。

HACCPに対応しなければならない業種


飲食店、食品加工業、食事を提供する介護施設や病院、食品を冷凍や冷蔵で輸送する運送業、海運業等々

HACCPを取得するメリット


書類作成の手間も多く、代行をお願いする場合費用はかかりますが
「保健所の行政指導を受けずに済む。」「衛生管理体制を改善できる」
「安全に調理していることをお客様にPRできる。」等のメリットがあります。

当事務所では当事務所では、食品衛生法改正に伴うHACCP関連のご相談を承っております。以下当事務所HPです。
最後までお読みいただきまして誠にありがとうございました。
長崎の行政書士 深堀事務所
http://www.fukahorijimusho.com/

この記事を書いたプロ

深堀賢

深堀賢(ふかほりさとし)

深堀賢プロのその他のコンテンツ

Share

深堀賢のソーシャルメディア

facebook
Facebook

深堀賢プロのその他のコンテンツ