まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ長崎
東大智

税と経営のアドバイスで企業の未来を照らすプロ

東大智(あずまだいち)

株式会社ネクスト・プラス

お電話での
お問い合わせ
0957-46-6300

東大智プロのご紹介

経験と実績に基づく確かな提案。新時代を担う経営コンサルタント(2/3)

組織体系も改革。情報や責任もグループで分かち合うことで連携も強固に

真の「経営者」とは?好循環をもたらす「経営」とは?

 税理士としてはもちろん、経営者として常に考える立場にある東さん。クライアントの経営者から相談を受ける際、度々感じることがあると言います。それは、本当の意味での“経営者としての仕事”ができていない人が案外多いということ。「建設会社の経営者が、営業や設計、会計、管理など、多様な業務を1人でこなしていると、本当の意味での経営者とは言えません。“経営者”とは、業務がスムーズに進んでいるか、常に全体を見渡して確認していかなければならない立場。これができないせいで目先の業務に追われ、結果苦しんでしまっている人が多いのです」。では、“経営者としての仕事”をするには、まず何をすべきなのでしょうか。それは第一に「人材育成」だと東さんは断言します。「社員の仕事への意欲や専門性を重視し、知識・スキルを高められる社内環境を整えます。そして得られた利益は、必要に応じて社内環境の改善へ惜しみなく還元すること。すると必然的に社員のモチベーションも上がっていきます。この好循環が経営者と社員との信頼関係にもつながり、結果、経営者は“経営の仕事”に専念できるようになるわけです」。税理士としての提案は、時として一時的な利益を追求した話となってしまうことも。しかし、経営者の視点であれば大局的な成長への提案も可能になります。「例えば弊社の社員は、経営と組織運営に関するセミナー、研修にも積極的に参加しています。必ず複数名で参加し、研修で得た情報を社内で共有します。人材に投資することで得られる結果や実例は、弊社で既に実証済みなのです。私自身も会社の経営を常に考えている最中です。実体験をもとに良い例も悪い例も含めてお話しすることで、より高い説得力が生まれると思っています」。

東大智プロのその他のコンテンツ

Share

東大智プロのその他のコンテンツ