まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ長崎
東大智

税と経営のアドバイスで企業の未来を照らすプロ

東大智(あずまだいち)

株式会社ネクスト・プラス

お電話での
お問い合わせ
0957-46-6300

コラム

リスケ中の資金調達は可能か。新規融資を受けられるケースとは?

資金調達の基礎知識

2017年1月19日

リスケジュール中は、資金調達が極めて難しいものです。

それでも、リスケ中の新規融資の可能性がある2つのケースが考えられます。まずは、大きな受注が確定したケース、次に、増資した直後のケースです。これ以外のリスケジュール中の資金調達方法は、売掛金担保融資の検討が一般的ですが、ハードルは高いです。

それでも、2014年に条件付きではありますが、リスケジュール中の資金調達手段が一つ増えました。「経営改善サポート保証」という制度で、保証協会の100%保証が付きます。

リスケ中に新規融資を受けるのはやっぱり困難?

リスケジュールとは、融資などの返済スケジュールを変更し、返済額の減額、猶予などをしてもらうことです。

原則的には、元金を棚上げにして利息のみを支払っているなど、ハードなリスケジュールを行っている状態での新規借入は、厳しいと考えた方が賢明です。
リスケジュールを行うのということは、その企業の業績が悪化している状況なので、銀行の融資審査が厳しくなり、新規融資を受けることが困難になります。

新規借入が実現できるようにするためには、リスケジュールを行う前の返済条件に戻すことが先決ですが、厳しい経営状況下では困難であると思われます。
ただ、そこまでの状態に戻さなくても新規借入を実現する方法はありますので、あきらめずに検討をしてみましょう。

最近では、リスケジュール中でも新規融資が受けられるケースが増えてきました。

リスケ中に新規融資を受けられるケースは?

リスケジュール中であっても、新規融資を受けられる可能性がある2つのケースについてお話しいたします。

まず1つ目は、大きな受注が確定したケースです。大きな受注が確定している場合は、売掛金の回収と同時に返済に充てるという確約をすることで新規融資を受けることができる可能性があります。
2つ目は、増資した場合です。
株式会社が新たに株式を発行して資本金を増やすことにより、債務超過の状態を解消されたことになり、新規融資を受けられるケースがあります。

リスケジュール中の新規融資はノンバンクでの売掛金担保融資を検討する

リスケジュール中に資金調達する方法としては、ノンバンクでの売掛金担保融資の利用があります。

売掛金担保融資は、在庫や売掛金を活用した資金調達方法で、資金を貸す金融機関等は、企業が持っている原材料や商品、売掛金を担保にして融資を行います。

なお、融資を受ける企業の売掛先や売掛金の状況などをファイナンス会社が判断するため、融資額は大きく変わります。

経営改善サポート保証とは?

経営改善サポート保証は、2014年に制定された制度で、一定の条件のもと融資をしてもらえます。

経営改善計画の策定やそれを実行するなどの要件があり、金融機関に四半期ごとに実施状況を報告する必要がありますが、2億8000万円(組合であれば4億8000万円)を限度額に資金を保証してくれます。

保証制度は、一時的な制度が多く、利用できる期限があります。その時々に利用可能かどうか、地元の保証協会にきちんと問い合わせをしましょう。

この記事を書いたプロ

東大智

東大智(あずまだいち)

東大智プロのその他のコンテンツ

Share

東大智プロのその他のコンテンツ