まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ長崎
東大智

税と経営のアドバイスで企業の未来を照らすプロ

東大智(あずまだいち)

株式会社ネクスト・プラス

お電話での
お問い合わせ
0957-46-6300

コラム

銀行からの融資の方法4つの種類

資金調達の基礎知識

2016年11月22日

事業融資には、証書貸付・手形貸付・手形割引・当座貸越の4つの種類があります。

事業融資は返済期間が1年以下の場合は短期融資、1年を超える場合を長期融資と言います。

証書貸付は長期融資の場合の融資方法であり、「金銭消費貸借契約書」に署名捺印することによってお金を借りることができます。 手形貸付は短期融資の場合の方法ですが、借入用の手形を銀行が買い取ることによりお金を借りることができます。

当座貸越は銀行からの信用が高い場合に設定可能です。企業目標として当座貸越の設定を目指してみてはいかがでしょうか。

証書貸付について

証書貸付は、お金を借りる際「金銭消費貸借契約書」という書類に借入金額、金利、期間、返済方法など融資を受けるために必要な情報を記載し、会社の署名判・実印を押し、さらに連帯保証人の署名・捺印をして銀行に融資の申し込みを行う方法です。

証書貸付による融資は返済期間が1年を超えて3年から10年に渡るため、設備投資資金の調達に利用されます。また、長期で分割されるため毎月の返済額が少なくおさえられる、といったメリットがあります。

手形貸付について

手形貸付は、発行した手形を担保にして銀行から融資を受ける方法です。

返済期間が最長でも1年と短いですが、スピーディーに融資を受けることができるため、企業が必要なときに迅速に資金調達をできるのが大きなメリットです。

手形割引について

企業が取引先から受け取った商業手形を換金する方法が、手形割引(商業手形割引)です。本来は支払期日が来なければ手形を現金化できませんが、手形に記載されている決済日前に行うことができます。

期日前に現金化するため、相当の割引料が引かれてしまいますが、現金が必要なときに重宝します。

当座貸越について

当座貸越は、設定された融資の限度額(極度)までであれば、自由に資金を借りたり返したりできる融資方法です。

なお、証書貸付や手形貸付のように返済日が決まっていないため、銀行としては貸し付けたお金を回収しにくく、事実上貸しっぱなしの状態になります。
そのため、安全に利子収入を得たい銀行から見れば、信用力の高い企業には積極的に行いたい融資方法です。無担保でこの融資方法が利用できるのは、優良企業であると言えるでしょう。

逆を言えば、当座貸越の設定を申し込んでも断れた場合は、銀行からの評価が高くないという証拠でもあります。

信用力のメルクマールとして当座貸越を見てもいいのではないでしょうか。

この記事を書いたプロ

東大智

東大智(あずまだいち)

東大智プロのその他のコンテンツ

Share

東大智プロのその他のコンテンツ