マイベストプロ長崎
花岡文子

ピアノを通して音楽の楽しさを伝えるプロ

花岡文子(はなおかあやこ) / ピアノ講師

花岡音楽教室

お電話での
お問い合わせ
0956-38-4600

コラム

好きな曲でレッスンしよう・アヤ子さんの音楽教室日記 2022/7/5

2022年7月5日

テーマ:音楽教室日記

コラムカテゴリ:スクール・習い事

コラムキーワード: ピアノレッスン

一番大切なことは


始める年齢ではありません


以前ブログで、ピアノを習わせる時期について書いたことがあるのですが、音感を鍛えるには早い方が良いので、3歳からとか、一応文字、数字が書けるようになる4歳くらいからとか、色々説はあるようです。

それよりもっと大切なことは、子供さんをどのように育てたいか、保護者の方がしっかり考えを持つことです。





家庭の音楽環境も考慮して決める


音楽的環境を整えることができないのに、将来音楽の道に進ませたいとしたら、それまでにかなりの資金が必要で、それを続けていける経済力があるかということを考えなくてはなりません。もし、そういう家庭環境でないなら、幼少のころから、厳しいレッスンを受けさせるのではなくて、子供さんが趣味として楽しんでレッスンできる教室を選ぶべきです。


教室選びをする前に、保護者の方が子供さんをどのように育てたい


教室選びをする前に、保護者の方が子供さんをどのように育てたいのか、はっきり決めておくことが大切です。
その上で、複数の教室に問い合わせて、できれば体験レッスンや対面の面接を行ってくれるところを選び、子供さんに適した教室かどうか、判断する必要があります。
それが一番重要なことです。

子供さんが楽しそうでない時は止めてもいい


それでも、通っているうちに、どうも子供さんが楽しくなさそうだと言う時は、思い切って止めて、他の教室に移ってもいいと思います。


K君の場合は


5歳のK君も、厳しい指導の教室から、移って来た生徒さんでした。
保護者の方は、どういうレッスンをする教室か全く知らないで、習わせたそうで、毎日家での練習の課題が山のように出されます。保護者の方もそれに付き合うのも大変だったそうで、ある日からとうとうK君はピアノを全く弾かなくなってしまったそうです。

元は音楽好きな子供だったそうで、ピアノ嫌いのままで成長させるのもかわいそう、もう一度音楽の楽しさを知ってほしいという願いで、私の教室にやってきました。

私もお話を伺ってから、K君がもう一度ピアノを弾きたいと思うかどうか、半信半疑でしたが、とにかく、一度遊びに来てください。ということでK君がやってきました。




私の教室にはエレクトーンも置いてあるのですが、エレクトーンでリズムに合わせて弾くことが気に入って、その日からエレクトーンのとりこになりました。

教則本の曲も、どんどん合格していきました。一度に何曲も練習しますし、とにかく覚えるのが早いのです。

ウルトラマンに夢中









今は小学生になりましたが、ウルトラマンに夢中になっていて、ウルトラマンシリーズの曲に挑戦しています。「ウルトラマンの歌」「ウルトラセブンの歌」「ウルトラマンタロウ」と続けて弾いています。どれもバイエル後半程度の難易度で長いのですが、がんばって両手で弾けるようになります。
K君がいつまでピアノを続けるかわかりませんが、レッスンを辞めた後でも、大好きな曲を弾けるようになった喜びは残ると思います。




大人になってまたピアノを始めたいと思うようになるかもしれません。それまで、できるだけ沢山の楽しい思い出を作ってあげたいと思うこのごろです。

この記事を書いたプロ

花岡文子

ピアノを通して音楽の楽しさを伝えるプロ

花岡文子(花岡音楽教室)

Share

関連するコラム

花岡文子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0956-38-4600

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

花岡文子

花岡音楽教室

担当花岡文子(はなおかあやこ)

地図・アクセス

花岡文子のソーシャルメディア

rss
ayako2592のブログ
2022-08-02
facebook
Facebook

花岡文子プロのコンテンツ