マイベストプロ長崎
花岡文子

ピアノを通して音楽の楽しさを伝えるプロ

花岡文子(はなおかあやこ) / ピアノ講師

花岡音楽教室

お電話での
お問い合わせ
0956-38-4600

コラム

ピアノを独学で始める人の教本

2021年4月8日

テーマ:ピアノの練習

コラムカテゴリ:スクール・習い事

コラムキーワード: ピアノレッスン

今回は独学でピアノを始めようと思っている、中高年の方々に向けて、お話しようと思います。中高年と言っても、50歳以上の方々を対象にお話します。





★独学にはバイエルがお勧め


前回のコラムでも、独学で始める方には、バイエル教則本が良いということを書きました。
「指づかいつきのバイエル」がとても役に立つお話をしましたが、中高年の方々にとっては、指づかいつきバイエルも含めて、バイエル教則本は、音符が小さいので、読みずらいという方も多いと思います。
そういう方々には「大人ための独習バイエル」が音符も大きく、見やすいので、お勧めです。音符が大きい分、1冊で106番まで載せるわけにはいかず、上と下の2冊に分かれていますが、ドレミも記載されていますし、進度に併せて、バイエル以外の練習曲も載っています。
CD付きの教本も出ています。バイエル同様、ユーチューブに練習曲の演奏が多数アップされているようで、ユーチューブの演奏を参考にしながら、練習を進めていくことができます。
















★終了期間の目安


上・下巻併せて、1年くらいで終了できるように、計画を立てた方が良いでしょう。
上巻はひたすらバイエルの練習に励み、早く下巻に入れるようにした方が良いでしょう。下巻に入ると、バイエル併用曲が何曲も出て来ますので、併用曲を織り交ぜながらバイエルを進めていく楽しみが出て来ます。








バイエル併用曲集も色々出て来ます。



たとえばバイエル47番の併用曲

大きな古時計
https://youtu.be/_UAjrUPy_wg


バイエル52番の併用曲

おもいでのアルバム
https://youtu.be/1H2dxiIV4nw

バイエル68番の併用曲

シューベルトの子守歌
https://youtu.be/EizqCQPc9k8


★子供のバイエル併用曲集「やっぱりピアノが好き!下巻」より

★大人の併用曲集も出ています


今回紹介した併用曲は子供のバイエル併用曲集から抜粋しましたが、大人の曲集も色々出ていますので、その中から、好きな曲を選んで練習してください。

その他、バイエルの進度に添って、色々な併用曲の楽譜集が出ていることも、曲選びをする上で、バイエルはとても役に立ちます。

「大人のための独習バイエル伴用レパートリー」



「おとなのためのバイエル併用曲集」など






★楽譜を選ぶ基準


バイエル終了程度と書かれている曲については、一応バイエルを終了してから弾こうという目安になるのです。




バイエルが終了しますと、一応「エリーゼのために」の原曲が弾けることになっています。原曲はかなり難しい部分もあるのですが、まずはこの曲を完成させることを目標にしてみてはどうでしょうか。

バイエル106番まで終了出来れば、一つの節目になり、自信もつきます。また、好きな曲を選ぶ時も、初級の楽譜はほとんど弾けるようになっていますので、楽譜選びがスムーズにできます。

バイエル終了してからは、自分の好きな曲をどんどん弾いていけますが、テクニックをもっと付けたい場合は、バーナムやツエルニー、ハノンなどのテクニックをマスターする教則本を併用していった方がよいでしょう。

★習い事は好きなことが一番


コロナ禍の影響もあって、家で出来る習い事をする人が増えてきました。
習い事はピアノに限らず、何歳からでも、自分がやりたいと思えば始められます。特に高齢になってからは、認知症予防になるとかいう、周りの流行に流されずに、自分の一番好きなことを1つに絞ってやった方が良いでしょう。本当に好きなことだから、長続きするし、上達もするのです。生きている間はずっと続けられます。好きなことに没頭することをお勧めします。

この記事を書いたプロ

花岡文子

ピアノを通して音楽の楽しさを伝えるプロ

花岡文子(花岡音楽教室)

Share

関連するコラム

花岡文子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0956-38-4600

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

花岡文子

花岡音楽教室

担当花岡文子(はなおかあやこ)

地図・アクセス

花岡文子のソーシャルメディア

rss
ayako2592のブログ
2021-04-11
facebook
Facebook

花岡文子プロのコンテンツ