まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ長崎
大楠博子

話し方のプロ

大楠博子(おおくすひろこ)

有限会社エーアンドアイ

お電話での
お問い合わせ
095-820-7812

コラム

話し方のコツ<腹式呼吸をマスターしよう>

アナウンス倶楽部

2015年6月11日

「腹式呼吸」をわかりやすく体感できるのは、
仰向けになって息を吸ったり吐いたりしてみることです。

熟睡中の赤ちゃんの寝姿を観察するとお腹がポコンポコンと
よく上下に動いています。

仰向けに寝た状態で、口を閉じ鼻から大きく息を吸い込みます。
その際に、お腹がぐぐっと大きくなりますので、
その状態を体に覚えさせるようにしてください。

そして息を吐くときは口からすこしずつ出していきます。
この時に「スー」や「シュー」など言いながらの方がいいでしょう。

息は、吸ったら吐くというリズムの繰り返しです。
スピードはゆっくり、大きく息を吸い込んで最後まで吐ききってしまう・・・
という方法を力まずに続けて見てください。

仰向けに寝ている状態で練習すると体感しやすいのは、
体に余計な力が加わったり緊張したりしないからです。
腹式呼吸をマスターできれば、
緊張しにくくなり、大きな声も出やすくなります。

腹式呼吸は、頭で理論を理解してもできるものではありません。
知識と同時に「体感すること」「できるまでやってみること」「繰り返すこと」で、
腹式呼吸をマスターしてみてください。

次回は、口の開け方について♪

この記事を書いたプロ

大楠博子

大楠博子(おおくすひろこ)

大楠博子プロのその他のコンテンツ

Share

大楠博子プロのその他のコンテンツ