まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ信州
内山博幸

幸せ家族をつくるリフォームのプロ

内山博幸(うちやまひろゆき)

ハートホームズ長野 株式会社ウチヤマ建装

お電話での
お問い合わせ
0120-753-855

コラム

寒さ対策とは、「命を守るリフォーム」です。

長野市・千曲市・須坂市でリフォームの事なら
「安心」「誠実」「地域密着」のハートホームズ長野にお任せください。

こんにちは。

ようやく暖かくなりつつある今日この頃ですが、それでも朝晩はまだまだ寒さを感じる日が多いですね。

冬になると多いのがお風呂に関する相談



Q:この時期、お風呂に入るのが本当に寒いですね。主人が高血圧なので、

部屋と浴室の温度差が大きいと少し心配です。なにかいい方法はありますか?

 

答え:これはとても大切なポイントです。

特に高齢者の方は気をつけてください。


みなさんはヒートショックという言葉を聞いたことはありますか?

 
ヒートショックとは?




  
日本の家のほとんどは、部屋と部屋、部屋と廊下との間に温度差があります。

ヒートショックとは、急激な温度変化が体に及ぼす影響のことです。

わかりやすく言えば、冬に暖房の効いた部屋から一歩廊下に出ると、

その急激な温度差から、血管は収縮して熱を逃がさないようにします。

ところが、お年寄りや高血圧の人は、急激な圧力に血管が耐えきれず切れてしまうことがあるのです。


暖かい部屋から寒いトイレや脱衣室に行って倒れたり、寒い脱衣場から急に暖かい湯舟に入り

「ヒートショック」をおこし溺死する事故が後をたたないのはこのためです。


 日本人は、昔から湯船につかる入浴方法を好むためでしょうか、

浴室・洗面脱衣所に暖房を設置するという感覚が余りありません。


「だって、お湯につかればあったかいし・・・」


という発想ですが、これは大きな間違いなのです。






上の表は、浴室・脱衣所における暖房設備がある割合(%表示)と、

家の中での溺死者数(10万人に対して)を国別で比較したものです。


ご覧になってお分かりになるように、その差は歴然としていますね。


これからますます高齢化社会を迎え、この傾向は強まるばかりでしょう。


とにかくヒートショックによる悲しい事故を防ぐには、家の中の温度差をなくす必要があります。


新築や建て替えの場合には家の中の温度差について、今はさまざまな方法で対策が取られていますが、


築10年~15年以前の建物ではまだまだ温度差が大きいお家が多いです。



また、段差のバリアフリーはここ数年で大きく改善されてきていますが、

温度差のバリアフリーの方はまだまだと言えます。


これからは温度のバリアフリーについても、真剣に考えていかねばならないと思います。


寒さ対策のリフォームとはまさに「命を守るリフォーム」なのです。

この記事を書いたプロ

内山博幸

内山博幸(うちやまひろゆき)

内山博幸プロのその他のコンテンツ

Share

内山博幸プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-753-855

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

内山博幸

ハートホームズ長野 株式会社ウチヤマ建装

担当内山博幸(うちやまひろゆき)

地図・アクセス

内山博幸のソーシャルメディア

facebook
facebook

内山博幸プロのその他のコンテンツ