まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ信州
醍醐英治

信州の暮らしコンシェルジュ!家計に優しい家づくりのプロ

醍醐英治(だいごえいじ)

株式会社スペースウェアハウス

コラム

電線地中化の街並み

土地・不動産探し

2017年10月12日

安曇野らしい風景を守る価値

弊社の創業者がイメージした分譲地のあるべき姿・・・それが「電線地中化の街並み」でした。
楽器製造を手掛ける会社の取締役を務めていた若き頃、ギターの本場、アメリカの地をよく踏むことがあり、そこで見た街並みがずっと脳裏に焼き付いていたそうです。広くゆったりとした道路、道路際の並木、美しい芝生のアプローチ、そしてシャッター付のガレージがあるおうち・・・。
時が巡り、手掛けるものが変化し、縁あって宅地分譲の話があった時、初めてのトライで松本平中の不動産業者も手掛けていなかった「電線地中化の街並み」造りに取組む決断をしたのだそうです。
住宅も北米の2x4工法の家を資材を輸入して建てていたので、デザイン的に見てもとても良くマッチしたのですが、同じ樹種である「カツラの木」を各区画にプレゼントし、道路際2mの範囲の芝生敷きは最後に外構工事がある際に無償にて工事させて頂き、電線だけでなく、電話も、テレビでさえも最初はケーブルを埋設しました。(今は壁面取付型のアンテナの設置はOKとしています)

分譲地②

「カナダの街」とか、地元では言われていたりします。無償で借りられる家庭菜園スペースも提供しているところが、ちょっと安曇野らしさでしょうか?全てが北米の通りではありませんが、その良さ、「価値」を安曇野の地で再現させました。
朝起きて、会社に出掛ける。学校に出掛ける。そして夕方帰宅する。
そんな日常、日課の中に緑が輝く、「気持ちの良い景観」統一感のある街並みがもたらす「心の満足感」。これが弊社分譲地の価値です。お金に替えられるものではないですね・・・。

最初は10区画、次に9区画、そして現在20区画中あと3区画で完売と言うところです。
これら3つの分譲地は繋がっている1つのエリアにあり、5年後、10年後の姿もご覧頂ける状態です。

日頃は住宅ローンの負担は?であったり、おうちのランニングコストであったりに関して考えて考えてお客様にご説明しておりますが、他方、こういったお金に換算出来ない「価値」、おうち作りにはありますね・・・。

この記事を書いたプロ

醍醐英治

醍醐英治(だいごえいじ)

醍醐英治プロのその他のコンテンツ

Share

醍醐英治プロのその他のコンテンツ