まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ信州
藤澤眞司

太陽熱温水器を暮らしに活かす自然エネルギーのプロ

藤澤眞司(ふじさわしんじ)

株式会社 日本ソーラーシステム長野

お電話での
お問い合わせ
0266-56-3177

コラム

太陽熱温水器の維持費は?

太陽熱温水器の豆知識

2016年4月28日 / 2016年6月29日更新


太陽熱温水器は、太陽光発電機のように太陽の光を電気に変換するといった複雑なものではありません。機器の構造自体も基本的には非常にシンプルです。

機器の構造がシンプルであることの最大のメリットは、故障が少ないということです。もちろん太陽熱温水器であっても高機能なものになれば、構造も複雑になる上、強制循環式のように電気を使ってポンプを駆動させるものもあります。

しかしそれであっても太陽光発電機に比べれば、構造はシンプルで故障も少ないことに変わりはありません。
そこで今回は太陽熱温水器の維持費に関してご紹介します。

太陽熱温水器設置後にかかる電気、ガス代

太陽熱温水器は、維持費がほとんど0円に近いと言われていますが、必ずしもそうであるとは限りません。

例えば、維持費がほとんどかからないと言われている自然循環式。地域によっては、冬場に配管の凍結を防止するためのヒーターなどに電気を使う場合もあります。また冬場や曇り、雨の日など太陽の熱で十分な温度のお湯を作れない時に、追い炊きのためのガス、電気代は必要になります。

太陽熱温水器にかかる光熱費以外の維持費

光熱費以外の費用としては、メンテナンス費があります。太陽熱温水器を屋根上に設置している場合、自分で点検することが難しく業者に点検を依頼するとなると、業者に対してメンテナンス費が発生します。

もちろん気候条件が良く、冬場であっても追い炊きの必要がない地域で、メンテナンスも自分で行えるとなれば、維持費は限りなく0円に近くなります。ただし、ほとんどの場合は多少なりとも維持費は発生するということは頭に入れておいてください。

太陽光発電にかかる維持費との比較

太陽熱温水器と太陽光発電機。それぞれ機能が違いますので、可能であれば両方を設置することで家庭のほとんどのエネルギー消費を自然エネルギーで賄えます。しかし、現実的に費用や設置場所の関係上、どちらか一つを選ばなければならないという方がほとんどだと思います。

ここで、その検討材料の一つとして導入後の維持費という観点で二つを比較してみます。

光熱費に関しては、どちらもそれほど大きな違いはありません。上述したように、太陽熱温水器でも電気、ガス代がかかる場合もありますが、基本的には数百円程度です。そして太陽光発電もそれは変わりません。

太陽熱温水器と太陽光発電機の維持費の比較で大きく変わってくるのは、故障時の修理や部品の交換にかかる費用です。

太陽光発電機で最も費用がかかるのは、太陽光を電気に換えるパワーコンディショナーの交換費用です。また太陽熱温水器に比べパネルの数が数倍になるため、これらが故障した場合の交換費用も太陽熱温水器に比べると高額になります。

このことからも、同じ太陽エネルギーを使った太陽光発電機と維持費の面から比較した場合、メンテナンス、修理という部分でかなりお得な機器であるといえます。

太陽熱温水器の耐久性や耐用年数など寿命について

この記事を書いたプロ

藤澤眞司

藤澤眞司(ふじさわしんじ)

藤澤眞司プロのその他のコンテンツ

Share

藤澤眞司プロのその他のコンテンツ