まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ信州
藤澤眞司

太陽熱温水器を暮らしに活かす自然エネルギーのプロ

藤澤眞司(ふじさわしんじ)

株式会社 日本ソーラーシステム長野

お電話での
お問い合わせ
0266-56-3177

コラム

太陽熱温水器設置のメリットは?

太陽熱温水器の概要

2016年3月22日 / 2016年6月29日更新


太陽熱温水器を利用することによって得られるメリットとは何でしょう?

まず考えられるのは節約効果です。太陽熱を使って水を温めるわけですから、電気、ガス、灯油といったエネルギーをほぼ使いません。結果として単純に光熱費が安くなるだけではなく、CO2の削減にも大きく貢献することができます。

では、具体的にどの程度の節約効果があるのか。今回は太陽熱温水器のメリットについてご説明していきます。

太陽熱温水器導入のメリットを他の自然エネルギー機器と比較して

そもそも太陽熱温水器は、太陽光発電など他の自然エネルギーを利用した機器に比べ、比較的安価に導入できるという点が大きなメリットとなります。

また、機器自体が基本的にとてもシンプルな構造のため、太陽光発電などに比べ機器自体の価格が安いというメリットがあります。同時に、シンプルがゆえに故障時の修理やメンテナンス費用も低コストになります。

1、2年であればそれほどでもありませんが、5年10年となるとかなりの金額になりますので、決して見過ごすべきものではありません。

太陽熱温水器と太陽光発電の違い

電気、ガス、灯油に比べ最大で年間6万円程度の節約を実現

では次に電気、ガス、灯油と比べ、具体的にどの程度、費用をおさえられるのか?

社団法人ソーラーシステム振興協会が毎年発表しているソーラーシステム・データブックの2015年度版より、太陽熱温水器が実際にどの程度、節約できるのかを見てみましょう。

給湯のみの太陽熱温水器で設備コストが30万円、年間集熱量が6,530MJ(1,560Mcal)、1年間のメンテナンス費用および動力費を1,500円として試算した場合のそれぞれの省エネ額とCO2抑制量です。

●LPガス 節約金額 45,718円 CO2削減量 489kg-CO2
●都市ガス 節約金額 36,826円 CO2削減量 454kg-CO2
●灯油   節約金額 21,553円 CO2削減量 557kg-CO2
●深夜電力 節約金額 26,071円 CO2削減量 1,249kg-CO2
●電力   節約金額 59,719円 CO2削減量 1,249kg-CO2

このように金額にして約2万円から6万円。CO2削減量は約450kg-CO2から最大で1,249kg-CO2にもなるのです。

うまく運用することで、あくまで数字の上での話ではありますが、設備コスト30万円を約5年から6年で回収できてしまいます。

太陽熱温水器の節約効果は?

既存の設備との相性の良さも大きなメリット

太陽熱温水器は他にも、現在、使用中の給湯器も変える必要なくそのまま接続できるというメリットもあります。

太陽熱温水器自体が低コストであっても、接続などに大きな費用がかかるのでは意味がありません。

そういった意味においても、太陽熱温水器は非常に低コストでありながら自然エネルギーを利用した機器の中でも熱変換率が高いという、とてもメリットの大きな機器であるといえます。

この記事を書いたプロ

藤澤眞司

藤澤眞司(ふじさわしんじ)

藤澤眞司プロのその他のコンテンツ

Share

藤澤眞司のソーシャルメディア

facebook
Facebook

藤澤眞司プロのその他のコンテンツ