マイベストプロ信州
岡本洋平

企業の「働きがい」と「利益」を最大限に高めるプロ

岡本洋平(おかもとようへい) / 中小企業診断士

SMEビジネスコンサルティング合同会社

お電話での
お問い合わせ
026-405-2178

コラム

「やる気のない部下」と決めつける、その前に

2020年3月27日

テーマ:モチベーション

コラムカテゴリ:ビジネス

コラムキーワード: モチベーション 上げ方人材育成 研修組織マネジメント

働きがいにも直結する「チームのやる気と能力」。
関係性がうまくいっている組織は、そうでない組織と比べて生産性が大きく上がります。
しかしタイトルにもあるように、部下のやる気がない、メンバーの能力が足りないなど、至るところで不満が出てしまうのが組織でもあります。

特に最近は人材育成の難しさが増しておりますが、そんな中でどうすればチームメンバーのやる気と能力が上がるのか。
詳しくお伝えします。

ダメな部下、やる気がない部下と結論付ける前に

中小企業では、人材や経営資源の余裕がさほどありません。
そのため、ゆっくりと人材育成ができる余裕もなく、どうしても一人一人が戦力になる必要があります。

すると短期の結果が重視され、部下に向けて「あいつは使えない」、「あいつはやる気がない」という言葉が発せられてしまいます。
このような事態を避けるためには、ひとつだけ絶対にやっておきたいことがあります。

それは、チームメンバーの強みと弱み、そして価値観を知ることです。

「悪い子」はだれ?

私が経験した事例ですが、とある若手社員の方(Aさんとします)がいました。
その方は頻繁にミスを起こし、上司も「またか」という感じで半ば諦めていました。
私はどうしてそのような状況になったか気になり、上司の方に直接聞いてみました。

「どうしてAさんはいつもミスするようになったのですか?」

するとこのような答えが返ってきました。
「何回教えてもやらかすんですよ。しかも自分から聞きに来ない。こっちは忙しいからもう見てやれないんです。」

実はここに大きな原因がありました。
私は早速Aさんに聞いてみたところ、Aさんはこう答えてくれました。
「ミスしちゃいけないと思うほど怖くなってミスするんです。聞こうとしても課長に怒られるから無理です。僕だってミスなんかしたくないですよ。」

お互いを知らずにチームは機能しない

なぜこのような問題が起きたのか、それは明らかに「コミュニケーション不足」にありました。
このケースでは上司の方がAさんと1対1で話し合い、本当に興味を持って接すればすれ違いは避けることができたでしょう。
そしてAさんの強みと弱みを見極め、業務内容を変えたり得意分野を任せたりすることも可能になります。



ビジネスに限らず、人生で一番怖いのは「常識」という考えです。
そのくらい当たり前にできる、そんなの聞かなくても常識で分かる、といった考えは、ときに仲間の個性や価値観を曇らせるだけでなく自分の成長を止めてしまうこともあります。

常識に捉われず、まずは仲間と真剣に向き合ってみましょう。
そうすれば思いもよらぬ発見があるかもしれません。

 
 

・経営の弱い部分を改善していきたい
・自社の強みを活かして売上と利益を伸ばしたい
・次世代に通用する経営人材を育成したい
・SDGsに取り組み、自社の働きがいと利益を伸ばしたい

こんなお悩みを抱えたら、お気軽にご相談下さい
年間100件以上の相談実績もとに、ご相談者様目線で
課題解決につながるご提案をさせていただきます
https://www.sme-bc.co.jp/consult

この記事を書いたプロ

岡本洋平

企業の「働きがい」と「利益」を最大限に高めるプロ

岡本洋平(SMEビジネスコンサルティング合同会社)

Share

関連するコラム

岡本洋平プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
026-405-2178

 

各種お問い合わせ・ご相談はメールでのお問い合わせフォーム、またはホームページよりお願い致します。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岡本洋平

SMEビジネスコンサルティング合同会社

担当岡本洋平(おかもとようへい)

地図・アクセス

岡本洋平のソーシャルメディア

facebook
Facebook

岡本洋平プロのコンテンツ