マイベストプロ信州
岡本洋平

中小企業の「SDGs経営」導入・支援に特化したプロ

岡本洋平(おかもとようへい) / 中小企業診断士

SMEビジネスコンサルティング合同会社

お電話での
お問い合わせ
026-405-2178

コラム

ITによる生産性向上

2020年2月21日 公開 / 2020年3月24日更新

テーマ:業務効率化

コラムカテゴリ:ビジネス

コラムキーワード: 生産性向上 取り組み働き方改革

ここ数年、ITの進化は目を見張るものがあります。
特にクラウドサービスが当たり前になり、中小企業にとっては今まで課題だった「ITによる生産性向上」が容易になりつつあります。

今年はRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を活用する企業が増えると思いますが、最新のIT技術はもちろん既存のITツールも幅広く活用できる用途があります。

例えば名刺管理ソフトのEightですが、これは単に名刺を保存できるだけでなく取引先担当者の異動なども分かるため、マーケティングツールとしても使えます。
BtoCのサービスでは問い合わせをLINE経由にすることで、メールより効率化できるメリットがあります。
Slackはナレッジデータベース(知識の共有)にも使えますし、ウェブサイト作成ならJimdoやWixといったサイト作成が簡単にできるサービスがあります。

ITによる業務効率化は従来の業務効率化のように1歩ずつ改善していくのではなく、まさに掛け算式に改善が進みます。
先のRPAでいえば、繰り返し業務の作業時間を70%削減できたりします。
他にもクラウドPOSレジなどの連動機能は従来の作業を大幅に削減することができます。




ITを活用することは今後の時代において必須となるでしょう。
なぜなら労働人口も消費も減る中で生き残るには、効率を上げるのが最も課題となるからです。

しかし多くの中小企業がITを導入することができていません。
その大きな要因として「どこにどうやってITを取り入れるかが分からない」という声が多く聞かれます。
これは「IT知識を持ち合わせ、企業活動を戦略レベルで俯瞰しながらIT導入を判断できる人材がいない」ということにもなります。

それもそのはず、上記のような人材は「ITストラテジスト」や「プロジェクトマネージャ」に類する人材だからです。
それらの人材を雇うには雇用コストがとても高く、さらに市場の需要に対する人数も大きく不足しています。

中小企業において雇用コストが高い人材を雇うのは大きな賭けでもあります。
だからこそそのようなリスクを取らずに、外部の専門会社や専門家に依頼するのが良いでしょう。

私は簡易なITツールのご紹介、および戦略レベルでのIT導入についてはご提案できますが、専門的なツール(例えば上記のRPAや生産管理ツールなど)は専門家との連携により企業様にご紹介しています。
ITに関するお悩みなどありましたらお気軽にご相談下さい。

 
 
SDGs経営のヒントが満載!
日本で唯一、SDGs経営に特化したメールマガジン
「中小企業のSDGs経営通信」
◇無料購読はこちら◇
https://48auto.biz/sdgs/touroku/sdgs.htm


これからは働きがいが「資産」になる時代!
働く全ての人に送る、働きがいを高めるためのバイブル
「SDGs時代の働きがい改革」
https://amzn.to/36fCNBB

この記事を書いたプロ

岡本洋平

中小企業の「SDGs経営」導入・支援に特化したプロ

岡本洋平(SMEビジネスコンサルティング合同会社)

Share

関連するコラム

岡本洋平プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
026-405-2178

 

各種お問い合わせ・ご相談はメールでのお問い合わせフォーム、またはホームページよりお願い致します。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岡本洋平

SMEビジネスコンサルティング合同会社

担当岡本洋平(おかもとようへい)

地図・アクセス

岡本洋平のソーシャルメディア

facebook
Facebook

岡本洋平プロのコンテンツ