マイベストプロ信州
宮島敏

酒造りと写真を通して信州の大自然を表現するパノラマ写真作家

宮島敏(みやじまさとし) / パノラマ写真作家

合資会社宮島酒店

宮島敏プロのご紹介

パノラマ写真で信州の山々の美しさと雄大さを伝える(1/3)

宮島敏 みやじまさとし

パノラマ写真作家として、生まれ育った信州の大自然を表現

 パノラマ写真作家として信州の山々にレンズを向ける宮島敏さん。その作品は、幾重にも稜線がつながる山脈が圧巻で、まるで自分がその場所にいるかのような錯覚を覚えます。

 カメラを趣味としていた父親の影響もあり、小学生の頃から写真を撮り、撮影の技術を独学で身につけたという宮島さん。中学卒業の頃には一眼レフカメラを手にし、高校時代から山で星空撮影を楽しむように。次第に芽生えた「自分が生まれ育った伊那谷の美しさを残したい」という思いが、宮島さんをパノラマの世界へと導きました。

 「山を本格的に撮るようになったのは2016年頃からです。長野県の山々が織りなす雄大な景色を表現するには、広範囲をとらえるパノラマ写真が最適だと考えました。山々の繊細な表情とスケールの大きさを写し出すことを心がけています」

 パノラマ写真は、角度を少しずつ変えながら数千枚もシャッターを切り、パソコンで画像をつなぎ合わせて作り上げるといいます。ゆがみを出さずに撮影するためには、ある程度の高さまで登る必要があるため登山の技術も不可欠。事前調査も重要で、天候やPM2.5の予測などを確認した上で山に赴き、2時間ほどかけて撮影するそうです。

 「一つの作品を完成させるのに、同じ場所に少なくとも3回、多い時で10回は通います」と話す宮島さんから、作品に対する実直な姿勢がうかがえます。

 2017年頃に作品を発表するようになると購入希望が寄せられ出版社からも声がかかり、山岳雑誌「岳人(ネイチュアエンタープライズ)」や「山と渓谷(山と渓谷社)」などに掲載。伊那市長室や観光施設、長野県庁観光部のエントランスにも作品が飾られています。

Share

宮島敏プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0265-78-3008

 

・撮影などで外出していることが多く、蔵元の通常業務に支障をきたさない
 よう、お問い合わせは「メールでお問い合わせ」よりお願いいたします。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮島敏

合資会社宮島酒店

担当宮島敏(みやじまさとし)

地図・アクセス

宮島敏のソーシャルメディア

instagram
宮島 敏
instagram
土着の蔵 信濃錦 蔵元
youtube
Locally Rooter
2022-01-19

宮島敏プロのコンテンツ