マイベストプロ信州
武田誠彦

美しい家を紡ぐ『住宅作家』、建築デザイン設計のプロ

武田誠彦(たけだまさひこ) / 一級建築士

武田 誠彦 建築設計事務所

お電話での
お問い合わせ
090-4462-4593

コラム

木の家 上田市 Sさんの家 <南に開く斜め壁の家>

2019年12月24日

テーマ:木の家 プロジェクト

コラムカテゴリ:住宅・建物

上田市内、緩やかな傾斜地のある新規造成地が今回の計画地。
南、東側道路の日当たり良好な敷地です。



小さいお子様二人4人家族(※もうすぐ5人家族)が今回のクライアント。



1階
使い勝手、家事動線重視のゾーニング。
玄関ホールからLDへの動線とは別に、クローク~食品庫~キッチンへの裏動線を確保。
キッチン隣接に、L.D、洗面~脱衣洗濯室、ファミリークローゼットへアクセス。
1階ファミリークローゼットと回遊箇所が4つあるプランが特徴でしょう。
また、敷地軸線とは別に南北軸に合わせた斜め壁を取り入れたプランニングが特徴です。



2階
オープンスペースは吹抜け、斜め壁の拡がりとともに開放的なスペースとなるでしょう。
吹抜けには窓開閉のための床面積に入らないキャットウォークを設置予定です。



この家の大きなポイントは敷地軸とは別に傾いた南北軸に合わてL.D東壁を斜めに拡げたところ。
緩やかですが傾斜地ということもあり吹抜けと合わせ、1階はL.D、2階はオープンスペース、
リビング階段から外へ視界が拡がりのある気持ちの良い空間となるでしょう。

外観は緩やかな傾斜のロケーションに馴染む片流れ屋根デザイン。
軸線の違うプランの斜め壁が外観デザインに動きを与えています。



下屋まわり外壁は木板張りとしています。
ポーチ国産すぎ列柱が道路、アプローチから見えるもう一つのポイントです。



縁側デッキ、物干しデッキ、坪庭板塀などはご主人様DIYの予定。
浴室、トイレからの坪庭の眺めなど、ご主人様の外構工事を含め竣工が楽しみです。

この記事を書いたプロ

武田誠彦

美しい家を紡ぐ『住宅作家』、建築デザイン設計のプロ

武田誠彦(武田 誠彦 建築設計事務所)

Share

関連するコラム

武田誠彦プロのコンテンツ