マイベストプロ信州
武田誠彦

美しい家を紡ぐ『住宅作家』、建築デザイン設計のプロ

武田誠彦(たけだまさひこ) / 一級建築士

武田 誠彦 建築設計事務所

お電話での
お問い合わせ
090-4462-4593

コラム

木の家 長野市 Iさん家<ピロティのある家>

2019年11月15日

テーマ:木の家 プロジェクト

コラムカテゴリ:住宅・建物

長野市南部の調整区域が今回の計画地。
静かな地域ながら開発審査会、許可申請が必要な敷地です。



かわいいご長男を含むご家族3人がクライアント。
広いリビングダイニングと、リビング隣接のピロティ:土間スペースがご要望です。
ご主人様のおおよそのゾーニングプランをもとに、使い勝手・デザインを詰めていきます。

1Fは玄関から来客対応の和室。LDK、水周り、階段などに接続するオーソドックスな動線。
和室は久しぶりの真壁の和室。襖、障子、欄間としっとり仕上たいものです。
今回欄間にはデザイン透かし欄間を採用、しっとりさのなかに華を添えることでしょう。



リビング、ダイニング、キッチンは25帖と大きく、南北通風が取れるプランニング。
和室、広縁にも繋がります。
リビング南には大屋根を架けた約8帖程のタイル貼りのピロティ:土間スペース、外へと空間を拡げます。



広いリビングとリビング外ピロティ:土間スペース、繋がる和室と広縁。
空間の拡がりと通風、動線、1F収納を重視したプランとなっています。

2Fは将来家族がもう一人増えたときのために3部屋の計画。
こちらも最後まで悩まれたトイレは無しとなっています。私はそれでいいと思います。



外観は切り妻屋根、落着いたな雰囲気ながら棟の軸をずらしてデザイン性と動きを与えています。
アプローチ正面から見える玄関ポーチの木板縦格子をポイントに。
リビング前のピロティスペースの大屋根もこの家のアプローチファサードの独特なアクセントになるでしょう。


構造等級3

この記事を書いたプロ

武田誠彦

美しい家を紡ぐ『住宅作家』、建築デザイン設計のプロ

武田誠彦(武田 誠彦 建築設計事務所)

Share
関連するコラム

武田誠彦プロのコンテンツ