マイベストプロ信州
高野実

温故知新、伝統的構法と現代のニーズを融合させるプロ

高野実(たかのみのる) / 大工

たかの建築

高野実プロのご紹介

フットワークの良さが自慢!伝統の技を用いる“考える大工”さん(1/3)

温故知新、伝統的構法と現代のニーズを融合させるプロ 高野実さん

大量生産ではない、昔ながらの日本家屋を求めて

 信州の田園風景にしっくりくるのはやっぱり日本古来の和風民家。美しい木造の大屋根や漆喰の壁を使った木組みの家は、誰しも憧れるマイホームです。現在は住宅展示場で見かけるメーカー製の大量生産の家が多い中、古き良き“大工がつくる”日本家屋は一層輝きを放っています。そんな家を求める方にぴったりの職人が松本にいました。

 たかの建築は、南松本の郊外に自宅兼事務所を構える新築、リフォームを請け負う会社。社長であり大工の高野実さんが一人で経営されています。事務所に隣接するご自身が建てた風格ある日本家屋を前に「工場で作られた規格品ではなく、その家に住む人のためにオリジナルな家を伝統的な構法で造ってきました」と話してくださいました。

 高野さんが駆使する伝統構法とは、神社仏閣などを造る際の釘や金物を使わずに木を組むだけで完成させる宮大工の手法のこと。古来日本の建築物はこの技術で建てられており、湿気や地震の多い日本の風土にマッチしている構法です。現在の家づくりは大量生産の名の下にプレカット(あらかじめ工場で木材を機械加工しておく方法)が主流ですが、高野さんは必要とあれば全て手で切り出すことも厭わないそうです。素晴らしい昔ながらの日本建築の技で自宅が建てられると思うとわくわくしますね。

Share

高野実プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0263-55-3033

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

高野実

たかの建築

担当高野実(たかのみのる)

地図・アクセス

高野実プロのコンテンツ