まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ信州
米山賢

夢の住まいを形にするリフォームのプロ

米山賢(よねやままさる)

光洋リフォーム有限会社

お電話での
お問い合わせ
026-226-1626

コラム

家族が笑顔で暮らすためには?

なぜ、「今」二世帯リフォーム?

2013年6月18日 / 2014年6月19日更新

今回は、「家族が笑顔で暮らすためには?」というお話です。

住まい方のタイプ

二世帯住宅ではどう暮らしたらいいのか、住まい方のタイプをご紹介します。

二世帯住宅は大きく分けて3タイプに分けられます。完全にスペースを分離させた『完全分離型」。
玄関や浴室など一部だけを共用する「一部共有型」。
多くの生活空間を共用する「完全共有型」。
それぞれのメリットとデメリットを考慮して、気持ちよく同居できる間取りを選択してください。

完全分離型


横に並んでいたり、1階と2階で上下につながってはいるものの、玄関やキッチン、浴室などを
親と子それぞれの世帯に設けるなどして、住環境をまったく別々のものにするのが「完全分離型」。
同じ敷地内に別棟を建てる場合もこれに含まれる。共有スペースをまったくつくらないことから、
完全にプライバシーを尊重した間取りと言えます。

一部共有型


基本的には分離しているが、一部は共有しているタイプが「一部共有型」。玄関、浴室、廊下
などは共有し、キッチンやそれぞれの居室は各世帯で別々にもつなどで間取りが効率よくまとめ
られる。親世帯と子世帯で異なる生活時間やライフスタイルを考慮しつつ、予算上の都合で一部
共有にするこのタイプは、二世帯リフォームの中で最も多い。

完全共有型


寝室や個室以外はすべて共有する「完全共有型」。二世帯リフォームの中では最も費用を安く
抑えられ、手軽にリフォームできるが、息子夫婦同居と娘夫婦同居でも事情が異なる。息子夫婦
同居の場合は、お嫁さんが言いづらい要望をくみ取るようにし、家事分離にも配慮する必要がある。
多くのケースで親世帯が1階に、子世帯が2階に住むという形を選択。

敷地の状況や建物の大きさに左右されますが、それぞれに特徴があります。
二世帯住宅のこと、どんなことでもお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから>>> 
光洋リフォームのことはこちらから>>> 

~次回はそれぞれのメリット・デメリットをお伝えします~

この記事を書いたプロ

米山賢

米山賢(よねやままさる)

米山賢プロのその他のコンテンツ

Share

米山賢プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
026-226-1626

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

米山賢

光洋リフォーム有限会社

担当米山賢(よねやままさる)

地図・アクセス

米山賢のソーシャルメディア

facebook
facebook