まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ信州
米山賢

夢の住まいを形にするリフォームのプロ

米山賢(よねやままさる)

光洋リフォーム有限会社

お電話での
お問い合わせ
026-226-1626

コラム

二世帯リフォームの悩み・・・

なぜ、「今」二世帯リフォーム?

2013年6月4日 / 2014年6月19日更新

二世帯リフォームは、プランニングを失敗すると、それぞれ深刻な悩みを抱える
ことになったり、家族の関係を悪い方向に変えてしまうほどのトラブルを巻き起
こすことがあります。
ここでは、そのようなトラブルを未然に防ぐ3つの基本をご紹介します。

二世帯リフォームについてくわしくはこちら>>>

トラブル① プランの希望が言えない!言っても理解されない!

二世帯リフォームでは、それぞれが希望したプランにならず、トラブルや悩みの
原因となってしまうことがあります。自分の希望が言いにくい、言えない、言って
も家族に理解されないという悩みでが多いようです。二世帯の家族が揃った場で、
自分の希望をはっきり言うのは難しいことですよね。誰かが悩みを抱えこむことに
なってしまうことも多く、家族間のトラブルの引き金になってしまうこともあるのです。

二世帯リフォームのプランは担当者から提案で解決!

二世帯リフォームのプランを立てる時には、ご家族みなさまとの打ち合わせを個別に
行ない、全員の意見を取りまとめたプランを担当者からご提案させていただきます!
これにより「本当は○○にしたかった…」などの言えなかった要望をプランに活かせる
ようになります!


トラブル② 生活習慣が違う、光熱費の問題も・・・

親世帯と子世帯の生活環境が大きなポイントとなり、二世帯それぞれの暮らしを尊重
したプランであることが重要です。毎日の暮らしの中での小さなストレスも、積み重
なれば大きなトラブルに発展してしまうこともあります。
また光熱費の問題もあります。「メーターが一緒なので光熱費の負担でもめた」という
悩みを抱えているケースもあります。

重要なのは「家」「生活空間」「光熱費」で解決!

二世帯リフォームを考える時には、「家」「生活空間」「光熱費」をどのように分ける
かが重要です。例えば、光熱費。メーターを二世帯で分けるためには、水まわりを分離
したり、配管を分けるなど、プランの段階から準備しておく必要があります。
お互いに遠慮しないで暮らすためにも、光熱費の負担方法は事前によく検討しましょう。


トラブル③ 何度も訪れる生活環境の変化・・・

三世代が同居するケースも多く、年齢層の幅が広いのが特徴です。生活スタイルも劇的
に変わっていくことでしょう。子供が成長すれば子供部屋が必要になり、将来は親世帯
の介護をするかもしれません。
家族形態の変化が起きやすく、必要な家の形も変わっていきます。しかしそのたびに
リフォームしていたら大変ですし、かと言ってムダな空間を余らせておくのももったい
ない話です。

すべての年齢層にやさしいユニバーサルデザインで解決!

生活する年齢層が多岐にわたる二世帯住宅のリフォームでは、赤ちゃんからお年寄りまで、
全ての年齢層に優しいバリアフリーのプランを徹底しましょう。
また完全分離スタイルにしやすいプランにしておけば、二世帯同居を解消後に片方を賃貸
に出すという将来設計も可能です。

リフォームのお問い合わせはこちらから>>> 
日々の活動はこちらから>>> 

~次回は家族が笑顔で暮らすために、二世帯住宅の住まい方のポイントを紹介~

この記事を書いたプロ

米山賢

米山賢(よねやままさる)

米山賢プロのその他のコンテンツ

Share

米山賢プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
026-226-1626

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

米山賢

光洋リフォーム有限会社

担当米山賢(よねやままさる)

地図・アクセス

米山賢のソーシャルメディア

facebook
facebook