まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ信州
竹内秀一

幸せな人生を設計するプロ

竹内秀一(たけうちしゅういち)

株式会社あんしん設計

コラム

お金の診察室®9月のコラム

       たった3分でわかる!お金のキホン♪
┼──────────―――――─────・・・…☆
このコラムに、
ご訪問いただきありがとうございます。

みなさん、こんにちは。
”たった一回の診察で、お金の不安や課題を一気に
解消する独立系FPの竹内秀一”と云います。

ムダな努力をせずに幸せをグッ!と
引き込む方法を身に着けてほしいと願っています。

使い方によっては、毒にも薬にもなるもの…それが「お金」です。
そして、家族を不幸にも幸せにもする“不思議なチカラ”があります。
家族が幸せになるために、お金との付き合い方の極意を
お伝えしていこうと考えています。

☆…・・・──────────―――――─────┼

今月のお題は、
「人生の仕舞い方」についてです。

日経新聞の記事より

「日本一の個人投資家」とも呼ばれた竹田和平(たけだ・わへい)氏が21日午前2時56分、老衰のため名古屋市の自宅で死去した。83歳だった。告別式は23日午後1時30分から名古屋市千種区千種2の19の1のいちやなぎ中央斎場。喪主は長男で同社常務、幸生氏。 名古屋市出身。1952年、愛知県内で竹田製菓(現竹田本社)を設立、幼児向け菓子「タマゴボーロ」をヒットさせた。長期の株式保有を基本とした投資家としても知られ、一時期は100社以上の大株主とある。

たしか、あの山一證券が破綻した時の個人の筆頭株主でもあった筈・・・そして私の友人が、何気なく本社の庭に立ち寄ったら・・・偶然声をかけられて「お茶」をご馳走になったそうだ。かなり気さくな人柄だったようだ。

また先週の信濃毎日新聞社には、秘書への最後の言葉
『人生は、愛と感謝だ!』と、言い残して亡くなったと書いてあった。

人生の晩年、どう生きるか?がテーマだ。

お金だけでも人生は物足りない。
しかし、お金が無さ過ぎて人生を疲弊させたくもない。

私のベースにはアリギリス、、、
春から秋にかけてアリのように地道にコツコツ働きながら
夏にはキリギリスのように人生を謳歌したいと本気で考えている。

人生には、デザインが必要だ。


和平さんの
人生の仕舞い方(訃報)に際して感じたこと。

私は、
愛と感謝の他に、、、健康を付け足したい。
1に健康、2に健康、3と4も健康、5に健康♪

一度、お会いしたい方でしたが
叶わぬ夢となりました。心からご冥福をお祈りします。

愛と感謝と同レベルで、
健康が何よりの財産だと、あらためて
感じています。

この記事を書いたプロ

竹内秀一

竹内秀一(たけうちしゅういち)

竹内秀一プロのその他のコンテンツ

Share