まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ信州
竹内秀一

幸せな人生を設計するプロ

竹内秀一(たけうちしゅういち)

株式会社あんしん設計

コラム

お金の診察室®8月のコラム

 たった3分でわかる!お金のキホン♪
┼──────────―――――─────・・・…☆
このコラムに、
ご訪問いただきありがとうございます。

みなさん、こんにちは。
”たった一回の診察で、お金の不安や課題を一気に
解消する独立系FPの竹内秀一”と云います。

ムダな努力をせずに幸せをグッ!と
引き込む方法を身に着けてほしいと願っています。

使い方によっては、毒にも薬にもなるもの…それが「お金」です。
そして、家族を不幸にも幸せにもする“不思議なチカラ”があります。
家族が幸せになるために、お金との付き合い方の極意を
お伝えしていこうと考えています。

☆…・・・──────────―――――─────┼

今月のお題は、
「トランポリン」についてです。

いえいえ、冗談です。

トランポリンの話題ではありません。

最近、私がハマっているのが
1日5分のトランポリン!

脳ミソがいい感じにシェイク(?)されて
頭の中がすっきり(^0^)/しますよ。

1日5㌔走るのと同じ効果があるって教えていただきました(笑)

ま、おうちにトランポリンがある方は少ないと思いますが…
機会があったらぜひお試しください♪



さてさて、本題です。
本日は「無料(タダ)より高いものはない」というお話です。


近ごろ、
お金のことでお困りの方が多いせいか

・保険の『無料』見直し
・過払い金『無料』診断
・住宅ローン『無料』セミナー などなど

『無料』という言葉をテレビCMや広告で
やたらと耳にします。(私は正直、もうウンザリ……(-"-;))

―この際、はっきりと申し上げましょう!!!

誤解を恐れず書きますが
「無料」という言葉におどらされて相談に行き、
銀行や証券会社、保険会社など金融機関の
言うことを鵜呑みにすると『いいカモ』になるだけです!

なぜならば
『無料』という言葉の裏には、
相談しに来たお客さんに、どうにかして「自社商品を買わせたい」
という思惑が隠されているからです。

でなければ、
わざわざ『無料』で開催するでしょうか?

少なくとも私の場合、
本気でお客さまの問題を解決しようと思ったら
とても『タダ』ではできません。

それだけの時間と知識と労力が必要だからです。

『無料』にするのには、必ず「理由」があるのです。
〇〇さんが、大切なお金について相談したいとき、
相談する相手が〇〇さんと親身に向き合い
〇〇さんにとって最善なアドバイスをくれそうな人なのか、
それとも自分たちの利益しか考えていない人なのか
きちんと見極めるようにしてください。

くれぐれも『無料だから』という理由だけで
相談に行かないでくださいね(^^;;)

…ちなみに、私は「独立系FP」という、
少々めずらしい肩書きを持っています。

そもそも「FP」というのは何かといいますと…
住宅・子育て・老後といった、
お客さんが望む『ライフプラン(人生設計)』に沿って
資金計画を立てるなど、実現に向けてお手伝いする人のことです。

FPの中にも、「企業系FP」と「独立系FP」の2種類があります。
「企業系FP」とは、特定の金融機関にひもがついている(属している)FPです。

彼らの多くは、相談は「無料」で受けつつも、
自社商品や提携商品の販売に着地させることで、手数料など利益を得ています。

一方、「独立系FP」は特定の金融機関に属さない「フリー」のFPです。

お客さまからインセンティブ(報酬)をいただくので
商品や売上ノルマにしばられず、中立公正な立場で
お客さまに最善なプランやアドバイスを提供できます。



「誰にも相談できない…」
「誰を信頼していいか分からない…」
「どこに相談すればいいのかわからない…」

さまざまなお悩みを抱えた人たちが、
「ほっ」と肩の力を抜いて相談できるパートナーでありたい―。

そんな思いを持って、私は全国でも数少ない
独立系FPへの道に進みました。

ファイナンシャルプランナー(FP)って、認知度低いですよね~。

社会的認知度を
UPさせることがゴールではないんですが・・・。

ま、長い目でお付き合い下さいね。

この記事を書いたプロ

竹内秀一

竹内秀一(たけうちしゅういち)

竹内秀一プロのその他のコンテンツ

Share