マイベストプロ信州

コラム

自分のために行動を選ぶ…は簡単じゃない

2019年11月29日 公開 / 2019年12月3日更新

テーマ:NVC×IFS

コラムカテゴリ:メンタル・カウンセリング

昨日、今日と寒い日が続きますね。
もう12月。あと少しで今年も終わります。

先日、私はある信頼できる人にとてもプライベートなことを相談した。
自分を大切にしたいと思う一方、その行動をとろうとする自分を責めたり、とても苦しくて。

その人は、私の考えをじっくり聞いてくれ、そして

「そういうことで苦しむのはあなただけじゃないのよ。」
「自分の健康や家族の幸せを犠牲にしてまですることはないのよ」

と言ってくれた。

そうだ!私は私の健康や自由、気楽さ、ひいては家族の平和、温かさを守るために、堂々と行動していいのだ!

でも、どうしても何かが引っかかって、私を責めているというか、なんだろうモヤモヤしている。

あとからあとから罪悪感のようなものがわいてくる。

これは、IFS(内的家族システム)でいうところのマネージャパーツの活動だ。
このマネージャパーツには何か気がかりがあって、それが私に罪悪感を感じさせてる。


「自分のために行動を選ぶ」ということはそんなに簡単なことじゃない。
これには外的要因もあるけど、内的要因が大きい。

こういうときは、静かな場所で、そのマネージャパーツの気がかりをじっくり聞いてあげることが大切だ。

そのマネージャパーツは私の人生を邪魔しているようでいて、実は私の人生がうまくいくようにと活動している。
だけれど、それはこれまでの人生で身につけた対処法であることもある。


「自分を犠牲にしなければ生きていくことはできない」という意識がパーツにあるかもしれない。


パーツの話を聞き、これまで守ってくれたことに感謝し、信頼関係を育むことができれば、パーツは本来の役割を果たすことができて、私たちの助けになるのだ。

NVC×IFSで自分が自分の味方になろう!

この記事を書いたプロ

山ノ内恵理

「怒り」をヒントに問題解決へと導くプロ

山ノ内恵理(株式会社J・キャリアコンサルティング)

Share
関連するコラム

山ノ内恵理プロのコンテンツ