マイベストプロ宮崎
中村眞

的確な会計数字の把握で経営計画をサポートするプロ

中村眞(なかむらまこと)

中村眞税理士事務所

お電話での
お問い合わせ
0982-53-8080

コラム一覧

遺産分割協議により相続を放棄する場合の注意点

遺産分割協議により相続を放棄する場合の注意点

2016-12-14

遺産相続

相続人が複数いるなかで、被相続人が遺言書を残さずに亡くなった場合、もしくは何らかの事情で遺言書とは違った遺産分割をする必要がある場合に、相続人同士で遺産をどう分割するかを話し合うことを遺産分割協...

遺産分割協議とは?手続き方法について

遺産分割協議とは?手続き方法について

2016-12-12

遺産相続

相続人が複数いる場合、通常は被相続人の遺言書によって遺産を分割することになります。しかし遺言書がない、もしくは相続人全員の合意がある場合は、相続人同士の話し合いによって遺産を分割することがで...

養子がいる場合の相続と相続税について

養子がいる場合の相続と相続税について

2016-12-10

遺産相続

通常、被相続人が亡くなって相続を行う場合、法律で定められた法定相続人は、故人の配偶者、子供(孫)、父母(祖父母)、兄弟姉妹(甥、姪)となります。法定相続人は、上述したように「故人の血縁関係のもの」...

借金を残したまま親族が亡くなった…兄弟姉妹の場合でも相続破棄は必要?

借金を残したまま親族が亡くなった…兄弟姉妹の場合でも相続破棄は必要?

2016-12-08

遺産相続

一般的に遺産相続というと、亡くなった方が残した遺産を、残った相続人の間で分割して相続する、といったイメージをお持ちの方は多いと思います。しかし、遺産相続は必ずしも遺産を相続できるだけとは限り...

異母兄弟や異父兄弟がいる場合の相続権について

異母兄弟や異父兄弟がいる場合の相続権について

2016-12-06

遺産相続

遺産相続においてトラブルが起きる一つのケースとして、異母兄弟や異父兄弟の存在があります。被相続人が亡くなる前からその存在をしっていれば、まだ対処のしようもありますが、亡くなってからその存在を知っ...

兄弟遺産相続する自宅の土地は兄弟でどう分ける?

兄弟遺産相続する自宅の土地は兄弟でどう分ける?

2016-12-01

遺産相続

遺産相続でトラブルとなるパターンとしては「遺産の額で揉める」「相続人が多いことで揉める」など、色々あります。すべてのトラブルの元凶となるのは、相続人同士で生じる不公平感からではないでしょうか...

遺産相続で兄弟のトラブルを避けるために大事なこと

遺産相続で兄弟のトラブルを避けるために大事なこと

2016-11-29

遺産相続

遺産相続のトラブルというと、映画やドラマなど作り物の出来事、またニュースなどで見るだけで、自分とは違う世界の出来事だと思いがちです。しかし当事者になってみると、以外とこのトラブルに遭遇してし...

遺留分は放棄することができるか?

遺留分は放棄することができるか?

法定相続人として、自分以外の特定の法定相続人が生前贈与や遺書などにより、法定相続分以上の贈与を受けた場合に、最低限の遺産を確保するための権利である遺留分減殺請求。もちろん請求はあくまでも権利...

相続における遺留分とは?減殺請求の手続きについて

相続における遺留分とは?減殺請求の手続きについて

相続人が複数いる場合、遺産の分配は配偶者が1/2、子供は人数によって2人なら1/4ずつ、3人なら1/6ずつといった形とすると法律では定められています。これを法定相続分といいます。しかし遺産相続に...

生前贈与による特別受益に時効はある?いつからが対象?

生前贈与による特別受益に時効はある?いつからが対象?

兄弟の中で一人だけ、父親から生前贈与としてマンションなどの不動産や現金を贈与されていた場合、これを特別受益といいますが、父親が亡くなった際の遺産分割は、生前に贈与されていたもの(現金以外のものは資...

特別受益者がいる場合の遺留分の考え方

特別受益者がいる場合の遺留分の考え方

財産分与においてトラブルが発生するのは、さまざまなケースがありますが、その中でも多いケースとして挙げられるのが、被相続人から一人だけ生前贈与を受け取っている、もしくは遺言や遺書などで一人だけ法定...

相続における特別受益に該当するもの、その計算方法

相続における特別受益に該当するもの、その計算方法

遺産相続でトラブルになる一つの原因として、被相続人が生前に相続とは別に、被相続人の死後に相続人になるものに対して、金銭や土地などの贈与を行っているケースが挙げられます。事前に金銭や土地などの...

共有土地における小規模宅地の特例の考え方

共有土地における小規模宅地の特例の考え方

自宅、事業用宅地、貸付事業用宅地の3つの土地に関し、一定の要件を満たせば自宅と事業用宅地であれば80%、貸付事業用宅地であれば50%相続税が減額される小規模宅地の特例。しかし土地の相続にはさまざま...

相続対策に利用できる小規模宅地の特例とは?要件と計算方法

相続対策に利用できる小規模宅地の特例とは?要件と計算方法

財務省によると相続税の負担割合は配偶者に子供二人の場合、昭和63年12月以前は14.2%とかなり大きな負担となっていました。その後、平成に入ってからの改正によって、平成15年には負担割合は4.8%まで下がっ...

複数の土地に小規模宅地の特例を併用することはできる?

複数の土地に小規模宅地の特例を併用することはできる?

多額の相続税の支払いにより、相続人やその親族の後の生活に大きな影響を及ぼしてしまったり、居住している宅地を売却しなければならなくなってしまうといったリスクを軽減する目的で作られた小規模宅地の特例...

中村眞プロのコンテンツ