まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ宮崎
野﨑圭

相続・後見・遺言書作成のプロ

野﨑圭(のさきけい)

司法書士・行政書士 のさき法務事務所

コラム

遺言書の検認

遺言

2015年7月1日

遺言書の検認とは?

以前ご紹介した遺言の種類のうち、自筆証書遺言や秘密証書遺言の保管者又はこれを発見した相続人は,遺言者の死亡を知った後,遅滞なく遺言書を家庭裁判所に提出して,その「検認」を請求しなければならないことになっています(民法1004条第1項)。また,封印のある遺言書は,家庭裁判所で相続人等の立会いの上開封しなければならないことになっています(民法1004条第3項)。そして、これらに違反すると、つまり遺言書の提出を怠ったり、封印を解いて開けてしまたりすると5万円以下の過料に処せられる可能性があります(民法1005条)。

検認の意義

検認とは,相続人に対し遺言の存在及びその内容を知らせるとともに,遺言書の形状,加除訂正の状態,日付,署名など検認の日現在における遺言書の内容を明確にして遺言書の偽造・変造を防止するための手続です。よく勘違いされている方がいらっしゃいますが、遺言の有効・無効を判断する手続ではありません。
 したがって、裁判所の検認を終えた遺言書であっても、内容が整っていなければ無効の可能性もあります。

公正証書遺言のすすめ

当事務所では、可能な限り、遺言の検認手続きも不要かつ無効となるおそれのない公正証書遺言の作成をお勧めしています。

この記事を書いたプロ

野﨑圭

野﨑圭(のさきけい)

野﨑圭プロのその他のコンテンツ

Share

野﨑圭プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0986-36-7677

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

野﨑圭

司法書士・行政書士 のさき法務事務所

担当野﨑圭(のさきけい)

地図・アクセス

野﨑圭プロのその他のコンテンツ