マイベストプロ宮崎
上別府正悟

在宅ケアを含めた総合的地域医療サポートを行うプロ

上別府正悟(かみべっぷしょうご) / 薬剤師

上別府グループ調剤薬局

お電話での
お問い合わせ
0983-42-6227

コラム

薬の用法と、飲み忘れた場合の対処法

2018年8月7日

テーマ:薬の服用

コラムカテゴリ:医療・病院

誰でも「薬の飲み忘れ」を経験したことがあるでしょう。そんな時は、「今から飲んでもいいの?」と不安になるものです。服薬期間中は自分自身で薬をしっかり管理することが第一ですが、いざという時の対処法を知り、慌てないようにしておきましょう。

「用法」とは、薬の取り扱い説明書

市販薬の添付文書には「用法」という言葉があります。
これは、薬を飲む人に向けて、その薬をうまく使ってもらうために、注意事項を示したものです。用法を守ることで、薬の効果を最大限に引き出し、副作用を軽減することができます。

用法には、次のような事項があります。何日分、何回分の薬が処方されているかを示す「服薬日数、回数」、薬を使用するタイミングを示す「服薬時点」、薬をどうやって使うかを示した「投与経路、部位」などです。

飲み忘れた場合は、もう一度「用法」を確認

用法をわかっていても、飲み忘れは起きてしまうものです。
飲み忘れてしまった時にどう対処すべきかは、用法の「服薬時点」について理解することで見えてきます。

「食前」…空腹で胃の中が空っぽのときに飲む薬です。
「食後」…食べた物が胃の中にある状態で飲む薬です。
「食間」…食事と食事の間に飲むという意味ですが、食後2時間くらいを目安に飲むべき薬です。
「就寝前」…寝る前20分~30分前に飲む薬です。

飲み忘れてしまった時には、「気付いた時に飲む」ことが一般的な対処法です。
ただ、用法を見ると、体、特に胃がどんな状態のときに飲むべきなのかがわかるので、それも考慮できるとよいでしょう。また、次の服薬時点まであまり時間がない場合は、一回飲むことをお休みするようにしましょう。

中には、飲み忘れたときに、特別な対処法が必要な薬も

飲み忘れたとき、基本の対処法をとってはいけない薬もあります。

例えば、「血糖降下剤」。
これは食後の血糖の上昇を抑制する働きを狙い、食前に飲む薬です。そのため、食後に飲み忘れに気付いた場合には、その時点で飲んでも効果が得られないため、1回お休みします。飲み忘れに気付いたのが食事中であれば、その時点で飲むことをおすすめします。

また、骨粗鬆症の薬はほとんどの場合、起床時に飲みます。
これは、食事の影響を強く受けてしまう薬だからです。もし起床時に飲み忘れてしまったら、その日の分はお休みしましょう。

この記事を書いたプロ

上別府正悟

在宅ケアを含めた総合的地域医療サポートを行うプロ

上別府正悟(上別府グループ調剤薬局)

Share

関連するコラム

コラムのテーマ一覧

上別府正悟プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0983-42-6227

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

上別府正悟

上別府グループ調剤薬局

担当上別府正悟(かみべっぷしょうご)

地図・アクセス

上別府正悟プロのコンテンツ