マイベストプロ宮崎
八反田久実

高齢者の安心と生涯にわたる自己実現を支援する終活のプロ

八反田久実(はったんだくみ) / 終活コーディネーター

特定非営利活動法人ライフサポートセンターHAPPY

コラム

注意① 従弟に全部わたってしまった財産

2021年1月13日

テーマ:子のいない方の相続

コラムカテゴリ:くらし

コラムキーワード: 相続対策相続問題

叔父の面倒は全部見たのは私なのに

田舎で、一人暮らしの叔父の面倒を最期まで看ていた80歳のA氏からの相談は
 「叔父の遺産分割がいつまでたっても始まらない。」というものでした。
聞けば、従弟の中で一番若いB氏に相続の段取りを全て頼み、全部の相続が終わった時点で従弟4人で分割する予定だったと言います。しかし叔父の家に不動産屋の看板が立った後でも何の連絡もなく、不審に思っての相談でした。
 そこで、被相続人である叔父の相続財産からたどって、現在の所有者や預貯金の引き出しを確認したところ、すべてB氏のものになっていました。もちろん、A氏他すべての相続人が捺印して、相続はすでに完了したことになっています。これでは、相続を覆すことはできません。あとは、B氏の誠意に頼るほかありません。

ここで、子のない相続のポイント①「遺言書が有効です」
 直系卑属がおられない方、お独りの方の相続人は兄弟姉妹となります。御自分が末っ子の場合、相続人が亡くなっていることも多く、甥や姪に相続されます。その場合、相続人間の関係性も薄く、このような事例も起こりがちです。
 「遺言書」を作成し、「遺言執行者」を決めておくとスムーズに自分の思いを遂げることができます。
 HAPPYでは、遺言作成支援や遺言執行者の依頼も受けております。
 是非ともご相談ください。
 

 
 

この記事を書いたプロ

八反田久実

高齢者の安心と生涯にわたる自己実現を支援する終活のプロ

八反田久実(特定非営利活動法人ライフサポートセンターHAPPY)

Share

コラムのテーマ一覧

八反田久実プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-2855-0482

 

※面接は、すべて電話予約が必要です。
まずは、お電話でお問い合わせください。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

八反田久実

特定非営利活動法人ライフサポートセンターHAPPY

担当八反田久実(はったんだくみ)

地図・アクセス

八反田久実のソーシャルメディア

facebook
Facebook

八反田久実プロのコンテンツ