まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ宮崎
木村英之

イザという時に役立つ耐震・防災道具のプロ

木村英之(きむらひでゆき)

英光株式会社

コラム

リュックにも種類があります

防災

2018年5月12日

防災グッズという時に皆さんはどんなものを想像されるでしょうか。
最も多いのは「リュックサック」のようにセット品になっているバッグの類ではないかと思います。
私がこれまで「既に準備しています。」と言われた方に訪ねると、殆どの方がそう答えられました。

リュック・バッグと言っても実は結構な種類があります。
正味、実践で“役に立つ”事を前提に考えれば、最も適切なのは『オーダーによる詰め合わせ』です。
必要なモノは、男女でも違います。年齢層によっても異なります。あれこれ詰め込んで重量がかさんでも困りものです。当事者に本当に必要なものだけで構成出来るオーダーを私も提唱したく道具屋をしています。
でもあれこれ考えるの面倒だったりするので、、市販のバッグに手が伸びるのですね。
「これで防災対策万全。」・・ではなかったりしますが、とりあえず安心を買うということでしょうか。

時々インターネットや新聞広告で大きく掲載されてる“プロが選定した・・”セット品があります。色々な場面を想定した上で、最も“どの場面でも”当てはまりそうな選別になっています。逆に言うと“使わない”ケースも多々ありえます。
広告に出るようなリュックは基本、防水・防炎加工してます。費用の半分くらいはぶっちゃけ“バッグ代”です。バッグが破損したら元も子もないからです。

避難用バッグには“浮き袋”として代用できるタイプもありますが、バッグ選びのポイントとして私が考えますのは、
1.持ち運びが簡単であること。
2.内容を見て、実際に自分が使えそうなものの種類が多い事。購入時に「これ使わないな。」というのがあったら、抜き取って、別のモノに入れ替えてしまいましょう。
3.“拭き取る”モノが入っているか。水回り(風呂・洗濯)に不便が生じます。身体拭きもですが、特に食事に関する道具の類は何度も使い回しになります。ペーパーで拭き取って再使用です。因みにプロ推薦商品には十徳ナイフのような、缶切りやフォークのついた便利道具入ってますが、如何にステンレス商品であっても錆には注意です。フォークやナイフの刃の部分ではありません。留め具の部分がやられるんです。それに固いの多いから、あれはアウトドアとかで普段から使い慣れてる方がいいなと思っています。
4.“スキマ”がある事。ギュウギュウ詰めより余分なスペースがある事が望ましいですね。自分用の薬入れとか、着替え、生理用品、おむつや嗜好品をいれるスキマが確保できるとよいです。空白あったら私もタオルか着替えを補充しておく事をおススメしています。


そんな中で、私の方で、選んで在庫にしたバッグをご紹介したいと思います。添付写真あり。
①『YAMAZEN防災バッグ30』は、避難所に行く時に持っておきたいシリーズですね。
まず、軽いです。子供でも背負えます。極力負担を減らして軽くて安上がりなモノで構成されています。それが30品目あって、加えて業界最安値でしょう。定価は3,980円(税別)ですが、私の所では3,600円(税込)で提供です。
YAMAZEN防災バッグ30

②イザという時はいつ来るか分かりません。私は移動も多い仕事でしたので、以前高速道路の上で何時間も過ごした事がありますので、車用のグッズが欲しいと思い、、、自分で詰め合わせしたのがこちら『渚のカーセット』です。5,500円(税込)で反射板のついた三角バッグに暖・灯・トイレの3つを基本に見繕いました。ネーミングの由来はゴロがよかったからですが、元ネタに気付いてもらえるとうれしいです。
渚のカーセット

③『J-STAGE防災セット』はかつて神戸の震災の時に倒壊した家屋から脱出した経験のある方が当時使用したものを思い起こして選ばれた、いわば家庭に置いておきたい“倒壊の備え”です。
バールやハンマーといった道具(大きすぎるとそれ自体が重いし、柱に挟まってとれなくなる恐れが)に救助隊にすぐ発見してもらえるように蛍光ベストや灯に重きが置かれています。(9,800円税込)
J-STAGE防災セット

④ぱっと見何やら分からないかもしれませんが、『無縫製バッグ』といいまして、“縫い目がない”のです。つまり水漏れしないといういこと。防水用です。パソコン等のOA機器を持ち出したい時に役立ってくれる事でしょう。3,240円(税込)逆に、イザトいう時は、給水にも対応できたりします。
無縫製バッグ

⑤例えば幼い子供さんを背負ったり、おぶったりしてるとリュックが背負えないというケースもあります。そこでキャスター(車輪)付のリュックも最近はあるんですが、サイズも大きめになるので背負うには重量が増すんですね。それにイザという時に、準備できていない時に色々と持ちだすものを詰め込むとなるとバッグは手軽な方が案外役立つものなので、この折り畳み式のキャリーバッグ『ハコベル』はどうでしょう。(2,500円税込)
ホームセンターでも販売していて、そちらはすぐ壊れると言われた事もありますが、これはアサヒペンが販売しているもの(定価は3,000円税別です)で25キロまで運べるもので子供さんでも引っ張っていけるのではと思います。
写真のものは、私物です。私も愛用しております。使って3年以上経ちますが、まだ壊れた事はないです。
ハコベル

今回ご紹介する上で、私がセット品で考慮している事は「賞味期限があるものはセットにいれていない」ことです。定期的に中身を入れ替えるのはついつい忘れがちになるので。
それと、購入しても押し入れにしまっていたら肝心な時に持ちだせない場合が多いです。
“普段でも使用できる”“すぐ目につくところに置いてある”が大事かと思われます。

保管場所としては、『玄関』か『車の中』がいいと実際に避難所リーダーをされていた方から教わりました。家屋が損傷・倒壊すると、家具が散在して取り出せなくなるケースがあるのでできるだけ外側に近く、“ここを探す!”と決めておける方がいいそうです。後、車は完全にぺしゃんこになることはなく、必ず空間が出来るので取り出しやすいのだとか。

自分も“防災バッグ”と“渚のカーセット”は自車に積んでいますよ。

次回は何の話しましょうね。

この記事を書いたプロ

木村英之

木村英之(きむらひでゆき)

関連するコラム

木村英之プロのその他のコンテンツ

Share

木村英之プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0985-51-7403

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

木村英之

英光株式会社

担当木村英之(きむらひでゆき)

地図・アクセス

木村英之プロのその他のコンテンツ