まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ宮城
北田英一

あなたの愛する家を長持ちさせる塗装のプロ

北田英一(きただひでかず)

つばさ建創

お電話での
お問い合わせ
022-797-6237

北田英一プロのご紹介

外壁、屋根の塗装はおまかせを!(1/3)

北田英一 きただひでかず

嘘をつかない“ばか真面目”な塗装屋さん

 持ち家に暮らす方や、アパートなどを所有される方。建物も、人と同じように年を取ります。そして、年をとれば、あちこちに不具合が出てくるもの。
 もしも、あなたが今、建物の外壁や屋根のメンテナンスを考えているなら、つばさ建創の北田英一さんに相談してみませんか?
 北田さんは、現在は主に、大手のリフォーム業者、一級建築士事務所などからの依頼で、塗装の仕事に従事しています。「私のモットーは、とにかく嘘をつかないこと。通常、外壁や屋根の塗装は、洗浄、下塗り、そして2回の上塗りをします。いい仕事をするためには予算がある程度必要になるのですが、お客様との直接のやりとりで少しでも安く、しっかりした仕事をさせていただきたいと思っているんです」。
 通常の塗装の工程は、洗浄、下塗り+上塗りの3回塗りが基本。しかしながら「塗料を乗せるためのシーラーという下塗りを1回して、その上に2回塗料を塗るのが基本です。ただ、傷んでいると、シーラーを素材が吸い込んでしまう。なので、その上にすぐ塗料を塗ってしまうと、くっつきが悪く、はがれてしまうことがあるのです。ですので、傷んでいる場合は、2回、3回とシーラーを塗らないとならない。先日施工したお客さまでは、部分的にですがシーラーを3回塗って、塗料を2回塗って…の、5回塗りをしました」。
 さらに「見積もりが3回塗りだからと3回塗りで済ませる下請けさんもある。その言い分は『だって、金額に合わないでしょう?』って。会社なので、利益を追求しなくてはならないのはわかるのですが、私にはそれができなくて…」と苦笑します。
 とつとつとお話する北田さんの印象は、“ばか真面目”そのもの。そんなお人柄がわかるのが、ホームページに金額を明示しない理由です。「お客様をがっかりさせたくないんです。“**円~”、と明記しても、その最低価格でできないことも多々あります。嘘をついているように思われるのも嫌なので、きちんと現状を見てからのお見積りを提示したいんです」。

北田英一プロのその他のコンテンツ

Share

北田英一プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
022-797-6237

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

北田英一

つばさ建創

担当北田英一(きただひでかず)

地図・アクセス

北田英一プロのその他のコンテンツ