マイベストプロ宮城
左右木健一

世界を舞台に活躍するバレエ指導のプロ

左右木健一(そおきけんいち) / バレエ教師

Soki Ballet International

コラム

「はじめの一歩」は安易に決めないでください!

2021年10月12日

テーマ:子育て

コラムカテゴリ:スクール・習い事

コラムキーワード: 子育て悩み相談

「子供は敷居の低いカルチャーで習わせ、親の私はバレトンでバレエを勉強したいと思います」

という親御さんからの質問にお答えしました。

クラシックバレエは「モダンバレエ」でも「バレエエクササイズ」でも「バレトン」でもないです。

しかし一般の方からしたら「バレエ」と名がつけば「バレエ」と勘違いされる方が、未だに多い事を懸念しております。

「クラシックバレエ」は「敷居が低い、高い」に関係なく、ルールがあります。

ルールが守られていなければ、その時点で「クラシックバレエ」とは呼べません。

たとえ小さなお子様であっても「クラシックバレエ」の「ルール」というものは存在します。



子供の頃に「まちがったルール」を指導してしまったら、取り返しのつかないことになるのはお分かりいただけますね。

もし「クラシックバレエ」を習いたい、とお考えの方は、注意深く、お教室選びをするようにして下さいね。

初めの一歩が間違うと、苦労するのは子供達(大人の方も)ですから。

下記の動画でそれを詳しく説明しております。




ぜひご覧ください。

この記事を書いたプロ

左右木健一

世界を舞台に活躍するバレエ指導のプロ

左右木健一(Soki Ballet International)

Share

関連するコラム

左右木健一プロのコンテンツ