まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ宮城
片岡昌樹

障害年金請求のプロ

片岡昌樹(かたおかまさき)

仙士会

お電話での
お問い合わせ
070-4020-4906

コラム

不服申立について

不服申立

2018年4月5日

年金の支給決定等に不服がある場合は、その決定に対して不服申立(以下、「(再)審査請求」といいます。)をすることができます。
(制度の概要はコチラ

ここで気になるのは、(再)審査請求が認められる割合です。
厚生労働省は、(再)審査請求の結果を公表しています。(年度別(再)審査請求裁決等の状況

これによれば平成28年度は、処理件数2,161件のうち、容認(請求者の主張が認められること)されたものが152件、原処分変更に伴う取り下げ(国が決定の誤りを認めること)が170件となっており、その割合は14.9%となります。
ちなみに平成26年度、27年度はそれぞれ、22.6%、22.5%となっています。
なお、(再)審査請求のおよそ7割が障害年金によるものです。(年度別・制度別(再)審査請求受付状況

以上の数字から、本来障害年金を受給できる方が、その請求方法によっては正しく受給権を獲得できないケースがあると思われます。

障害年金は書類審査ですから、提出する書類の内容は非常に重要です。

私たちは年金事務所で年金相談業務に従事しており、もちろん、障害年金の請求も担当しています。
お持ちいただいた書類について単なる形式的なチェックではなく、しっかりと受給に結び付くためのアドバイスをしたいのですが、立場的・時間的な制約から十分にはできていません。

私たちが無料の年金相談を行っているのもそんな背景があったからです。
障害年金については特に正確な案内が求められますし、請求が遅れることによって不利益が生じる場合があります。

私たち仙士会は、障害年金を請求する方へ、プロの知識を親切・丁寧にお伝えすることを約束いたします。

この記事を書いたプロ

片岡昌樹

片岡昌樹(かたおかまさき)

片岡昌樹プロのその他のコンテンツ

Share

片岡昌樹プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
070-4020-4906

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

片岡昌樹

仙士会

担当片岡昌樹(かたおかまさき)

地図・アクセス

片岡昌樹プロのその他のコンテンツ