マイベストプロ宮城
伊東満彦

あなたの生活の「困りごと」を解決する法律のプロ

伊東満彦(いとうみつひこ)

そよかぜ法律事務所

コラム

相続法改正 特定遺贈の執行

2019年4月10日

テーマ:相続

特定遺贈の履行は,遺言執行者のみが行うことになります。受遺者は遺言執行者がある場合は遺言執行者を,遺言執行者がない場合は相続人を相手として遺贈の履行請求をすべきことが法文上明らかとなりました。これは従来の判例法理を踏まえた規定です。注意をしなければならないのは,「遺贈」によって財産(登記・預金)を贈与する場合は,遺言執行者を定めないと手続が遅滞する可能性があるということです。そうでないと,例えば不動産の遺贈を受けた受遺者は,相続人に遺贈の登記手続を求めなければなりません。相続人が5人,10人といる場合は,その全員がそろって登記手続に応じてもらう必要があるのです。1人でも反対をした場合は,登記手続を求める訴訟を提起する必要があります。相続人は,遺言がなければ本来は相続できた立場の人ですから,遺贈することを抵抗する場合も少なくないと思います。せっかく遺言を作成しても,遺言執行者を定めないでいると,遺言の円滑な履行が妨げられる結果を招きかねないのです。

仙台そよかぜ法律事務所
 022-399-8421
 soudan@sendai-soyokaze.jp

この記事を書いたプロ

伊東満彦

あなたの生活の「困りごと」を解決する法律のプロ

伊東満彦(そよかぜ法律事務所)

Share
関連するコラム

伊東満彦プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
022-399-8421

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

伊東満彦

そよかぜ法律事務所

担当伊東満彦(いとうみつひこ)

地図・アクセス

伊東満彦プロのコンテンツ