まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ宮城
伊東満彦

あなたの生活の「困りごと」を解決する法律のプロ

伊東満彦(いとうみつひこ)

そよかぜ法律事務所

コラム

遺言の種類

相続

2016年7月20日

どうやって遺言を書けば良いのでしょうか?
家族,知り合いに向けた手紙であれば,特に形式は問いません。
しかし,法律的に意味のある遺言にするには,法律に従った形にしなければなりません。

誰にも知られずに有効な遺言を書くには,すべて自筆で書き,作成日付と署名,捺印をした上で,封に入れる必要があります。この形式を自筆証書遺言と言います。(もうひとつ,あまり使われていない形式として,秘密証書遺言があります。)

ここまでは,ちまたの本に載っています。

しかし,法律的に有効なものにするためには,なるべく法的な用語を用いて何をしたいのかを表現しなければなりません。

たとえば,「幸町の不動産は三男に居住させる。」という遺言を書いても,「幸町の不動産」がどこの何を指すのか,具体的には分かりません。「居住させる」は所有権を譲渡することを意味するのか,使用させるだけなのかも曖昧です。

こういう場合,不動産を不動産全部事項証明書(昔の登記簿謄本ですね)の記載事項に則って特定する必要があります,

また,所有権を与えるのなら「●●を●●に相続させる。」という表現を使うのをお勧めします。

ただ,「相続させる」は法定相続人にあげる場合しか使えません。

相続人以外の人にあげる場合は,「遺贈する」という表現を使いましょう。

この記事を書いたプロ

伊東満彦

伊東満彦(いとうみつひこ)

関連するコラム

伊東満彦プロのその他のコンテンツ

Share

伊東満彦プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
022-399-8421

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

伊東満彦

そよかぜ法律事務所

担当伊東満彦(いとうみつひこ)

地図・アクセス

伊東満彦プロのその他のコンテンツ