マイベストプロ宮城
軍司大輔

介護の未来を変えるプロ

軍司大輔(ぐんじだいすけ)

株式会社 未来企画

お電話での
お問い合わせ
022-352-7613

コラム

当事者が発信し,当事者が変える.

2019年1月7日

テーマ:介護諸々

数年前からタイミングを伺うようにくすぶりを見せていた「当事者発信時代」がついにやってきます.
仙台では認知症当事者の丹野智文さんをはじめ,当事者だからこそできることを表舞台で発信している方がいます.

これまでの福祉・医療,特に介護という分野では「当事者」が置き去りにされたまま「援助者」の視点でケアそのものが構築されてきた側面が少なからずあります.
知見を深めてきた専門職,(良し悪しはありますが)他分野からの参入者,当事者の家族といった「当事者を取り巻く人々」がケアをつくり,発信してきました.そしてやっとここに当事者本人の発信が含まれることになります.

認知症に限らず,障害のある人,虐待を受けている人,ダイバーシティ化する中ではLGBTと呼ばれる人々,マイノリティとして扱われることの多い男性保育士等,様々な人々が発信する機会と手段を持つことになります.
今年は宮城においてもそういった当事者発信のベースが出来上がる年となることでしょう.
その第一弾ともいえる活動が今月からスタートします.

これまで援助者側の視点で語られてきた「理想」が当事者の生情報によって変化していくこともあるでしょう.SNSの発達は当事者発信の礎を既に築いているとも言えます.
アナログとデジタル両面から活躍する方が増えることで,今年以降の福祉は大きく変わることになるはずです.

この記事を書いたプロ

軍司大輔

介護の未来を変えるプロ

軍司大輔(株式会社 未来企画)

Share
関連するコラム

コラムのテーマ一覧

軍司大輔プロのコンテンツ