まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ宮城
軍司大輔

介護の未来を変えるプロ

軍司大輔(ぐんじだいすけ)

株式会社 未来企画

お電話での
お問い合わせ
022-352-7613

コラム

みんなの認知症情報学会/インタラクティブ発表最優秀発表賞をいただきました

認知症

2018年9月5日 / 2018年9月7日更新


9月1日/2日、静岡大学浜松キャンパスで開催された「みんなの認知症情報学会第1回年次大会」に参加してきました。

今回は「株式会社あおいけあ(神奈川県藤沢市)」の加藤忠相代表よりご招待をいただき、インタラクティブ発表(ポスター発表)を担当させていただいたんですが、作成時間ギリギリでなんとか2日前にA0版ポスターの印刷を完了させて静岡に向かったわけです。

到着した浜松駅は駅前でご当地アイドル風な人たちのライブをやっていたり、「なんて賑やか」と思ったもんですが、駅の敷地から一歩出ると昔懐かしい雰囲気の商店街。
タクシーの運転手さん曰く「ここから富士山は見えない」とのことで、浜松から見るなら「駅前にある45階の展望台に上る必要がある」と。
静岡まで来て展望台から富士山を見るのもなんなので、帰りの新幹線に期待することに。

さて、「みんなの認知症情報学会」ですが。
今回は学会理事長竹林洋一先生のお話にもあったように「ごちゃまぜ」が一つのテーマであり、その中でAIを始めとした技術をこれからの認知症ケアや認知症と言われている人たちがどう暮らしていくか、という非常に興味深く面白い内容。

(株)エクサウィザーズの石山代表、(株)あおいけあの加藤代表、レビー小体病当事者の樋口さん、若年性アルツハイマー当事者の山田さんといった多様な登壇者の研究や当事者としてのリアリティあるお話のひとつひとつがこれまでの学会とはちがった雰囲気を醸し出します。

私はというと、インタラクティブ発表で
「アンダンチ:多世代交流と自由が紡ぐ暮らしイノベーション」と題した研究ポスターを2日間掲示させていただき「最優秀発表賞」を受賞することができました。
今回の学会でいただいたたくさんの応援をそのまま良いプレッシャーとして仙台に持ち帰ってきました。
地域での実践を研究者として発表する貴重な場をいただけたことに感謝します。

ちなみに帰りの新幹線は夜で富士山は見えませんでした。


この記事を書いたプロ

軍司大輔

軍司大輔(ぐんじだいすけ)

軍司大輔プロのその他のコンテンツ

Share

軍司大輔プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
022-352-7613

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

軍司大輔

株式会社 未来企画

担当軍司大輔(ぐんじだいすけ)

地図・アクセス

軍司大輔プロのその他のコンテンツ