まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ宮城
鬼頭昌盟

あなたの10年後の歯を守る歯科のプロ

鬼頭昌盟(きとうまさあき)

きとう歯科クリニック

お電話での
お問い合わせ
022-794-8221

コラム

歯周病の治療は痛い?軽度・重度で異なる、歯周病治療の流れ

歯周病の治療

2018年3月9日

歯周病の治療の基本となるのは歯垢と歯石の除去です。そのため、主な治療は歯のクリーニングですのでほとんど痛みはありません。
ただし、重度となると外科的な処置が必要となるため話は変わってきます。痛みが少なくなるように工夫されてはいますが、痛みに弱い方は無理せずスタッフに相談してください。

軽度の歯周病(症状、治療、痛みを感じるポイント)

歯周病治療の基本となるのは、症状の程度に関わらず歯石とプラークを取り除くことです。歯周病は歯の表面に付着したプラークの歯周病菌によって引き起こされ、菌が増えていくにつれて悪化していきます。そのため、軽度でも重度でも歯周病菌の元凶となっているプラークを除去することは必要な処置です。

歯周病では、いきなり歯肉にメスを入れたり抜歯したりすることはありません。初期段階であれば、プロによるクリーニングと患者さん自身が行うセルフケアで、健康な状態に戻すことができます。

クリーニングには2つの方法があります。
1つ目は「スケーリング」です。
スケーラーと呼ばれる器具を使って歯の表面や歯周ポケットに付着した歯垢や歯石を除去するもので、歯周ポケットが浅い場合に行われます。

2つ目は「ルートプレーニング」です。
キュレットスケーラーという器具を使って、歯周ポケットの奥の歯垢や歯石を除去するとともに歯根(ループ)の表面を滑らかにする(プレーニング)もので、歯周ポケットが深い場合に行われます。

これらの治療自体は、チクチクする程度で痛みはほとんどありません。どちらかといえば、治療後に熱いものや冷たいものがしみることの方が気になるかもしれません。これは、治療によって歯の周辺組織が一時的に敏感になっているだけなので、すぐにおさまります。

重度の歯周病(症状、治療、痛みを感じるポイント)

スケーリングやルートプレーニングでも炎症が治まらないほど症状が進行すると、外科治療が必要になります。外科的な処置は大きく分けて、「プラーク・歯石の除去」「歯の周辺組織の再生」「歯の周辺組織の形成」があります。

プラーク・歯石の除去は軽度でも行いますが、重度では歯周ポケットが深くなりすぎて器具が届かず肉眼で確認することもできません。そのためメスを使って除去できるようにします。

具体的には「フラップ手術」というものです。ます歯肉に麻酔をかけます。歯肉を切り開いてめくり歯根を露出させ炎症で悪くなった組織を取り除きます。最後に縫合します。手術時間は1~2時間程度です。抜歯までは1週間ほどかかります。

歯肉や歯槽骨の再生を促す「GTR法」とは

歯槽骨の破壊や歯肉の炎症がひどい場合は、患部を切り取り、歯肉や歯槽骨の再生を促します。これは「GTR法」というものです。

簡単に説明すると、歯肉と歯槽骨、歯根膜、歯肉のそれぞれの組織がバランスよく再生するための治療法です。手術を行った患部では、それぞれの細胞が元に戻ろうとしますが、歯肉の上皮の修復スピードが飛びぬけて速いために骨の再生をじゃましてしまいます。
そのためバランスよく再生させるための治療が必要なのです。手術は1時間程度で終わります。ただし、この方法は歯周病が広範囲にわたっていると適用できません。

損傷が重度であれば外科治療で形成します。患部を取り除くと、歯根がむき出しになるようでは見た目も損ねますし、歯も安定しません。歯がぐらついているままだと、治療してもまた歯槽骨の破壊につながってしまうからです。

再生と異なり、積極的に歯周周辺を手術で回復させるものですが、メジャーなのは「根面被覆術」です。歯肉が下がって歯根がむき出しなった部分に、ほかの部位から組織を移植して覆うというものです。主に、上あごの裏側の歯肉を移植します。

治療の痛みは軽減できる(麻酔 など)

歯医者で痛い思いをしたかつての記憶から、治療が怖いと思う人は大人でも多いものです。特に、皆さんが恐れているのは「注射での麻酔」「歯を削る」「抜歯」ではないでしょうか。

みてきたように、歯周病に限っては基本的な治療は歯石とプラークの除去です。重度の場合は外科的な治療が必要となることもありますが、多くの方の場合は、さほど痛みは感じられない治療です。

軽度の歯周病でクリーニングする際には、多少チクチクする痛みはあります。痛みに弱い方であれば麻酔を施すこともあります。麻酔も一昔前と比べれば、飛躍的に進歩しています。クリーム状もしくはスプレー状の麻酔を表面に塗るだけですので、麻酔による痛みはありません。

しかしこれが重度の歯周病ともなれば、抜歯や歯肉の外科治療が必要なってきます。歯周ポケットが深くなりすぎて器具が届かなければメスを使った処置を行いますし、悪くなった組織を歯周病菌ごと切り取り取り除くこともあります。

しかし手術の際には麻酔を用います。注射針を刺す際の痛みをやわらげるために、まず歯肉に塗るタイプの麻酔薬を使うことが多くなっています。注射の針自体も昔に比べると非常に細く、刺した時の痛みが少ない形状に代わっています。針が刺さる瞬間にチクッとする程度なので、それほど心配しなくても大丈夫です。

ただし、急性炎症で麻酔が効きにくくなっていることもあります。人によっては痛みに弱い人もいます。せっかく勇気を出して治療に来たのです。痛みが辛いのならば、遠慮なくスタッフに伝えてください。信頼のおける歯科医院ならば、患者さんの話に真摯に耳を傾け、個人に配慮した治療をしてくれるはずです。

この記事を書いたプロ

鬼頭昌盟

鬼頭昌盟(きとうまさあき)

鬼頭昌盟プロのその他のコンテンツ

Share

鬼頭昌盟プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
022-794-8221

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鬼頭昌盟

きとう歯科クリニック

担当鬼頭昌盟(きとうまさあき)

地図・アクセス

鬼頭昌盟プロのその他のコンテンツ