まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ宮城
鬼頭昌盟

あなたの10年後の歯を守る歯科のプロ

鬼頭昌盟(きとうまさあき)

きとう歯科クリニック

お電話での
お問い合わせ
022-794-8221

コラム

歯周病、治療をしても痛みが治らないのはなぜ?

歯周病の治療

2018年3月7日

歯周病は自覚がないまま静かに進行する病気です。いったん治療し治ったとしても、時間の経過とともにプラークが溜まり再発することがあります。
治療後も油断することなく、歯科医院でのメンテナンスとセルフケアを心がけましょう。

歯周病は進行する病気

歯周病は成人の大半がかかっている病気ですが、やっかいなことに初期段階では痛みなどの自覚症状がほとんどありません。沈黙の病気と称されることもあるほどです。

知らずしらずのうちに進行してしまい、気が付いたときには重症化してしまう方が後を絶ちません。発見が遅れることで、治せるものも治せなくなってしまいます。そのため、歯周病は虫歯を抜いて歯を失う原因の1位となっているのです。

歯周病は歯肉が炎症を起こす歯肉炎から始まります。初期の段階では、ほぼ痛みもありません。

歯肉炎が進行すると炎症が根元に広がっていき歯肉ポケットが深くなります。炎症がさらに進み悪化していくにつれて、炎症の範囲が歯根膜や歯槽骨まで広がってしまいます。こうなると歯周炎と呼ばれるようになります。歯肉炎と歯周炎は炎症の広がり方の違いで、双方をあわせて歯周病とされます。

歯肉炎を放置していると、しだいに歯磨きの際の出血や、歯肉が腫れるという症状が現れます。この軽度の歯周炎の段階で異変に気付くようになりますが、痛くもなければ生活に支障があるわけではありません。病院に行かず放置しがちです。

さらに時間が経つと歯周ポケットが作られます。歯周ポケットに入り込んだプラークや歯石は取り除きにくく、歯周病菌はどんどん勢いを増していきます。軽度を超え中度の歯周炎になると歯槽骨にまでダメージが及び、硬いものを食べると歯がぐらつき血も出るようになります。

重度ともなれば、口臭がきつくなり、歯と歯の間のすき間も大きくなります。歯肉から膿が出たり痛んだりするでしょう。こうなると歯が自然に抜けてしまいます。

治療にかかる期間(軽度・中度・重度)

歯周病の初期段階ではわずかな腫れや赤みですが、軽く考えて治療を後回しにしてしまうことで重症化してしまいます。二度と生えることのない永久歯を失ってしまうのは極力避けたいものです。

症状が軽いうちであれば、治療にかかる時間も費用も少なくて済みます。歯周病の進行度合いによって、治療にかかる期間をみていきましょう。

■軽度
歯周ポケットの深さは3~4ミリ。歯肉の腫れが目立ち始め、歯が浮いたように感じる時期です。歯周病菌が歯根膜や歯槽骨を破壊し始めています。
この段階では4回程度の通院で終了し、期間にすると1~2カ月といったところでしょう。保険3割負担の方では通院1回あたり1,800円~2,000円程度と考えてください。

■中程度
歯周ポケットの深さは5~7ミリ。歯槽骨の破壊が歯根の半分くらいまで進んでいるため、歯がぐらつきます。膿も出始めます。
この段階では個人差はありますが6回~20回程度の通院となります。期間にすると3カ月~1年はみてください。
保険3割負担の方では通院1回あたり1,800円~2,000円程度ですが、手術が必要となる場合は、1つの部位について3,000円程度かかります。ただし、中程度となると保険適用外の治療が増えてきます。

■重度
歯周ポケットの深さは8ミリ以上。いわゆる歯槽膿漏といわれている状態です。歯槽骨の破壊が歯根の半分以上も進んでいるため、歯がぐらぐらしています。
治療は1年以上見積もってください。費用に関しては保険適用外の手術だけになりますので、その人の状態によって大きく異なります。

歯周病を直すための4ステップ

歯周病を改善するには、自分自身でできることもたくさんあります。プラークコントルールや生活習慣などは家庭でも実践できるでしょう。しかし、それだけでは根本的な対策とはなりません。セルフケアと併せてプロの手を借りましょう。
やるべきことは次の4つです。

(1)自分の状態を知る
先に説明したように、歯周病には進行度合いに応じて症状や治療方法も異なります。まずは、自分の状態がどの程度のものかを知ることで、今後の方針が決まってきます。
歯科医に行けば、歯周ポケットの深さやプラークの付着具合も診断してもらえます。

(2)セルフケアの見直し
歯周病の主な原因は落とし切れないプラークです。今のケアの方法では十分に汚れが取れていないからこそ、歯周病になったのです。正しいケアの方法を知り実際に使い方を教えてもらうことで、進行を食い止めることができます。

(3)歯科医院での治療
付着してから時間が経過したプラークは、ブラッシングや歯間ブラシで落とすことはできません。歯科での専門的な処置でプラークや歯石をいったん取り除いてきれいにすることが不可欠です。

(4)予防と定期検診
歯科医院で治療を行ったとしても、それでいつまでも歯周病にならない訳ではありません。毎日食事をしていれば、気を付けていてもプラークは溜っていきます。体の健康診断に行くように、歯も定期検診を習慣にしましょう。もし再発しても軽いうちならば治療も簡単です。何事もなくても、自分では除去できない歯石をとってもらえます。
もちろん、基本となるのは毎日のケアですので、併せて行うことで歯周病のリスクはかなり軽減できます。

痛みを和らげるためには日々のセルフケアが大切

歯周病はきちんと治療しても油断は禁物です。その後も再発することなく健康な状態を保つためには、定期的に歯科医院に足を運んでメンテナンスをしてもらう必要があります。そして、家庭ではセルフケアを怠らないことです。

せっかく時間をかけて治療やメンテナンスをしても、すべて人任せというわけにはいきません。歯科医院ではブラッシングの指導もしてくれます。プラークを溜めないためには食事やブラッシングを見直し、間食の取り方などにも気を付けましょう。

この記事を書いたプロ

鬼頭昌盟

鬼頭昌盟(きとうまさあき)

鬼頭昌盟プロのその他のコンテンツ

Share

鬼頭昌盟プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
022-794-8221

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鬼頭昌盟

きとう歯科クリニック

担当鬼頭昌盟(きとうまさあき)

地図・アクセス

鬼頭昌盟プロのその他のコンテンツ