まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ宮城
保原保夫

人をおくる葬儀のプロ

保原保夫(ほばらやすお)

石巻 葬祭会館ほたる

お電話での
お問い合わせ
0225-21-2444

保原保夫プロのご紹介

全てのお客様に「ほたるで葬儀をあげて良かった」と言われるようになりたい(2/3)

保原保夫 ほばらやすお

葬儀は人それぞれ。宗派も違えばしきたりも違う

 大切な家族が亡くなった場合、残された遺族はどのような手順で葬儀を進めればよいのでしょうか。保原さんによると、石巻地方では仏式による葬儀が九割以上を占めています。同じ仏式でも地域によっては風習やしきたりが異なるそうですが、おおよその流れとしては、納棺、火葬、お通夜、葬儀・告別式の順序で葬儀が進んでいくそうです。
 「ご遺族は悲しみで気が動転していることもあり、ほとんどの方が平静を保てる状況ではありません。私たちが葬儀に携わる際の大事な心構えとして、何よりもご遺族の負担を軽くすることを一番に考えるようにしています」
 保原さんは葬儀の依頼を受けると、最初にご遺体をお迎えに行く作業から仕事をスタートさせます。現代人は自宅ではなく病院で亡くなるケースがほとんど。実に全体の約8〜9割の方は病院で最後の時を迎えています。したがって葬儀のご依頼を受けた場合は病院へと足を運ぶことが多いそうです。
 この時保原さんは、ご遺族の方たちに一度ご遺体を自宅へ戻すことをおすすめしています。その理由として保原さんは「特に故人が病院で亡くなられた場合、そのほとんどが家へ戻ることを願っていたはず。その思いを尊重する意味でも、まずは自宅へお連れすることをアドバイスしています」と語ります。
 もちろんご家庭によっての都合もあるため、それぞれの状況に応じて臨機応変に対応しているそうです。

保原保夫プロのその他のコンテンツ

Share

保原保夫プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0225-21-2444

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

保原保夫

石巻 葬祭会館ほたる

担当保原保夫(ほばらやすお)

地図・アクセス

保原保夫プロのその他のコンテンツ