まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ宮城
堀克昌

インプラント・歯列矯正のプロ

堀克昌(ほりかつよし)

堀歯科医院

お電話での
お問い合わせ
022-285-0771

コラム

喫煙率が下がっているのに、肺がんは3倍に増大?!

2018年4月9日

堀歯科医院には、宮城・仙台からインプラントや矯正治療を希望される患者さまが多数来院されています。
~口臭外来や審美歯科の相談・カウンセリングにも対応~
堀歯科医院公式HP

インプラント専門サイトはこちらです。
仙台市宮城インプラントセンター

口臭外来の専門サイトはこちらです。
堀歯科医院口臭外来

堀歯科医院へのご予約は、022-285-0771にお願いします。

診療時間中はオペレーターが待機しておりますが、電話がすぐにつながらない場合には、何度もかけなおしてください。

ネット予約がご希望の方は↓をどうぞ。こちらは24時間対応です。
堀歯科医院 24時間オンライン予約 web予約 ネット予約



ウソだらけの健康常識「不良」長寿のすすめ(奥村康)という本を読みました。その1

・青年期から中年期にかけてがんを発症した人は、幼いころに親に甘えることができなかった体験をもっているという特徴があった。

そのために、自分の感情を抑圧するようになったと考えられます。

・NK細胞の活性は年齢の影響を大きく受ける。

・NK細胞は精神状態、つまりストレスの影響が大きいこと、そして日内変動が大きいのが特徴です。

・笑うことによって関節リウマチが良くなったという報告がある。

タバコを深く吸うときもNK活性が上がる。

喫煙者が案外ウイルス性の風邪に強いのも、花粉症患者が少ないのも、頭の中が真っ白で、NK活性が上がる効果に繋がっているからと考えられる。

・がんによる死亡は、コレステロール値が160㎎未満で最も多く、240㎎以上で最も少なかった。

コレステロール値が高い方が、NK活性が高い。

・心臓さえ悪くなければ、総コレステロール値は300㎎/dlまで心配ない。

・最低血圧は、血管の柔らかさを大きく反映する。

下が100-110以上ある場合は気を付けた方が良い。

・喫煙率がどんどん下がっているのに、肺がんはこの35年で約3倍に増えている。

こうしたデータを見ると、果たしてタバコと肺がんに因果関係はあるのか疑問です。

肺がんの原因としては、タバコよりもむしろ排気ガスの方が影響が大きいという声もある。

・タバコを吸っている方が口内炎も起きにくいし、風邪もひきにくい。

というのは、タバコを吸っているときは軽い炎症が起きているからです。

それが適度な刺激となって、免疫力を挙げているのです。




堀歯科医院には、宮城・仙台からインプラントや矯正治療を希望される患者さまが多数来院されています。
~口臭外来や審美歯科の相談・カウンセリングにも対応~
堀歯科医院公式HP

インプラント専門サイトはこちらです。
仙台市宮城インプラントセンター

口臭外来の専門サイトはこちらです。
堀歯科医院口臭外来

堀歯科医院へのご予約は、022-285-0771にお願いします。

診療時間中はオペレーターが待機しておりますが、電話がすぐにつながらない場合には、何度もかけなおしてください。

ネット予約がご希望の方は↓をどうぞ。こちらは24時間対応です。
堀歯科医院 24時間オンライン予約 web予約 ネット予約

スタッフ募集中

私たちと一緒に働きませんか
堀歯科医院求人情報

この記事を書いたプロ

堀克昌

堀克昌(ほりかつよし)

堀克昌プロのその他のコンテンツ

Share