まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ宮城
堀克昌

インプラント・歯列矯正のプロ

堀克昌(ほりかつよし)

堀歯科医院

お電話での
お問い合わせ
022-285-0771

コラム

脂質代謝異常で、糖尿病発症?!

2016年7月1日

堀歯科医院には、宮城・仙台からインプラントや矯正治療を希望される患者さまが多数来院されています。
~口臭外来や審美歯科の相談・カウンセリングにも対応~
堀歯科医院公式HP

インプラント専門サイトはこちらです。
仙台市宮城インプラントセンター

口臭外来の専門サイトはこちらです。
堀歯科医院口臭外来

堀歯科医院へのご予約は、022-285-0771にお願いします。

診療時間中はオペレーターが待機しておりますが、電話がすぐにつながらない場合には、何度もかけなおしてください。

ネット予約がご希望の方は↓をどうぞ。こちらは24時間対応です。
堀歯科医院 24時間オンライン予約 web予約 ネット予約



糖尿病はだから早く治しなさい(植田太郎)という本を読みました。その1

・糖尿病の合併症のために、糖尿病患者さんの平均寿命は、男性で約10歳、女性で約13歳短い。

・たとえ糖尿病になっても、血管がまだ痛んでいない早い段階で、おそらく5‐10年の間、しっかりと血糖コントロールや血圧・脂質管理を行えば、その後の血糖コントロールが多少悪化したとしても、20-30年先の合併症を抑制できる。

・高血糖や抗脂肪酸血症が慢性的に続くことで合併症を起こしていくという道筋を解き明かしていくと、行きつく先はひとつ、やはり「活性酸素」の存在です。

・ここ10年間に集積されたエビデンスも、脂質代謝の異常が、2型糖尿病の発症にかかわっていることを示しています。

健康な人に脂肪の高カロリー輸液を静脈注射して、血中遊離脂肪酸を肥満の人並みに上げると、2-4時間後にはインスリン抵抗性が誘発されます。

しかし抗酸化物の「グルタチオン」を投与すると、インスリン抵抗性が回復したのです。

これは、活性酸素が脂肪毒性やインスリン抵抗性と強く関係していることを示している。

インスリン抵抗性は、糖尿病の発症前すなわち境界型の段階で最大となることが知られているので、高血糖(糖毒性)それ自体がインスリン抵抗性の主たる原因とはいえません。

それに対して、肥満に伴う血中遊離脂肪酸の氾濫(脂肪毒性)が、肝臓や筋肉の活性酸素を増やして、インスリン抵抗性を牽引する主役であるといえそうです。

事実、2型糖尿病患者さんのインスリン抵抗性は、肥満度より「肝臓や筋肉内の中性脂肪の蓄積量」と強く関係することが示されています。





堀歯科医院には、宮城・仙台からインプラントや矯正治療を希望される患者さまが多数来院されています。
~口臭外来や審美歯科の相談・カウンセリングにも対応~
堀歯科医院公式HP

インプラント専門サイトはこちらです。
仙台市宮城インプラントセンター

口臭外来の専門サイトはこちらです。
堀歯科医院口臭外来

堀歯科医院へのご予約は、022-285-0771にお願いします。

診療時間中はオペレーターが待機しておりますが、電話がすぐにつながらない場合には、何度もかけなおしてください。

ネット予約がご希望の方は↓をどうぞ。こちらは24時間対応です。
堀歯科医院 24時間オンライン予約 web予約 ネット予約

スタッフ募集中

私たちと一緒に働きませんか
堀歯科医院求人情報

この記事を書いたプロ

堀克昌

堀克昌(ほりかつよし)

堀克昌プロのその他のコンテンツ

Share

堀克昌のソーシャルメディア

rss
堀克昌のブログ
2017-08-06