マイベストプロ宮城
  1. 牛は草食なのに、500kgの巨体となり、毎日牛乳を分泌できる理由。
堀克昌

インプラント・歯列矯正のプロ

堀克昌(ほりかつよし) / 歯科医

堀歯科医院

お電話での
お問い合わせ
022-285-0771

コラム

牛は草食なのに、500kgの巨体となり、毎日牛乳を分泌できる理由。

2014年2月19日

テーマ:

コラムカテゴリ:医療・病院

堀歯科医院公式HP

インプラント専門サイトはこちらです。
仙台市宮城インプラントセンター

口臭外来の専門サイトはこちらです。
堀歯科医院口臭外来

こんにちは
仙台市若林区堀歯科医院の堀克昌です。
堀歯科医院へのご予約は、022-285-0771です。
診療時間中はオペレーターが待機しておりますが、電話がすぐにつながらない場合には、何度もかけなおしてください。

ネット予約がご希望の方は↓をどうぞ。こちらは24時間対応です。
堀歯科医院 24時間オンライン予約 web予約 ネット予約






炭水化物が人類を滅ぼす(夏井睦)という本を読みました。その3

・糖質を一切食べない肉食動物のことを考えればわかる。

肉食動物の脳も我々同様、ブドウ糖(とケトン体)しか使っていないからだ。

つまり、肉食獣はすべて「食事によらない血糖維持システム」を備えているはずだ。

それではその血糖維持に必要なブドウ糖はどこから供給されているかというと、「タンパク質からの糖新生」である。

・牛の食事の成分の多くはセルロースである。

ところが、牛はセルロースを消化も吸収もできない。

消化も吸収もできないということは、「摂取カロリーゼロ」である。

それなのに、牛は500kgを超える巨体となり、毎日大量の牛乳を分泌する。

この謎を解くカギは、共生微生物である。

ウシ消化管内の共生生物が、セルロースを分解して栄養をつくりだし、宿主の牛はその一部を受け取って成長するのだ。

つまり、牛が食べる牧草は、牛自身のためでなく、共生微生物のためのものだ。




堀歯科医院には、宮城・仙台からインプラントや矯正治療を希望される患者さまが多数来院されています。
~口臭外来や審美歯科の相談・カウンセリングにも対応~
堀歯科医院公式HP

インプラント専門サイトはこちらです。
仙台市宮城インプラントセンター

口臭外来の専門サイトはこちらです。
堀歯科医院口臭外来

堀歯科医院へのご予約は、022-285-0771にお願いします。

診療時間中はオペレーターが待機しておりますが、電話がすぐにつながらない場合には、何度もかけなおしてください。

ネット予約がご希望の方は↓をどうぞ。こちらは24時間対応です。
堀歯科医院 24時間オンライン予約 web予約 ネット予約

この記事を書いたプロ

堀克昌

インプラント・歯列矯正のプロ

堀克昌(堀歯科医院)

Share

関連するコラム

コラムのテーマ一覧