まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ宮城
堀克昌

インプラント・歯列矯正のプロ

堀克昌(ほりかつよし)

堀歯科医院

お電話での
お問い合わせ
022-285-0771

コラム

インプラントに与える口腔常在菌の影響

インプラント

2012年7月29日


ようこそ!宮城・仙台からインプラントや歯列矯正を提案する堀歯科医院のページへ!
~口臭外来や審美歯科の相談・カウンセリングにも対応~
http://www.hori-shika.com/

インプラント専門サイトはこちらです。
http://www.hori-implant.com/

口臭外来の専門サイトはこちらです。
http://breath.hori-shika.com/

こんにちは
仙台市若林区堀歯科医院の堀克昌です。
堀歯科医院へのご予約は、022-285-0771です。
診療時間中はオペレーターが待機しておりますが、電話がすぐにつながらない場合には、何度もかけなおしてください。

ネット予約がご希望の方は↓をどうぞ。こちらは24時間対応です。
http://www.hori-shika.com/24yoyaku.html




インプラントに与える口腔常在菌の影響

腐食の起因物は電気化学的であり、水の存在が誘因となる。

それは、そこに電流が発生することで認識できる。

すなわち、チタンから細菌に対して電子が通過すること、具体的には細菌内で見つかったチアミン酸、細菌構造内に含まれる硫黄との反応で、結果的に硫化水素が発生する。

インプラント体に相当なダメージを与えてしまうこの腐食は、インプラント体のひび割れを惹起し、そのひび割れはさらに咬合圧のもとで進行、インプラント体の破折に繋がる。

さらにひび割れは大きくなり、破折してしまう。

この現象は、腐食疲労破折と呼ばれている。


細菌に長期間さらされていることで、インプラント体の破折寿命は短くなる。

より長い間、細菌にさらされるとインプラント体がより多くの表面損傷を受けることになり、これは細菌に起因する損傷が蓄積されていくものであることを示している。

本研究で検出されたチタンへの細菌性損傷は、V字型の欠損をもたらした。


本研究結果から、チタン・インプラント体表面でコロニー形成を起こす細菌は、インプラント体自体の物理的性質に影響を与える。

それは、in vitroの環境下での3か月の培養で、曲げ強さが7%低下し、疲労抵抗は15%まで低下した。

(QDI 2012年vol.19)


(参考文献)
Gil FJ, Rodriguez A, Espinar E, Llamas JM, Padulles E, Juarez A. Effect of Oral Bacteria on the Mechanical Behavior of Titanium Dental Implants. JOMI




堀歯科医院には、宮城・仙台からインプラントや矯正治療を希望される患者さまが多数来院されています。
~口臭外来や審美歯科の相談・カウンセリングにも対応~
http://www.hori-shika.com/

インプラント専門サイトはこちらです。
http://www.hori-implant.com/

口臭外来の専門サイトはこちらです。
http://breath.hori-shika.com/

堀歯科医院へのご予約は、022-285-0771にお願いします。

診療時間中はオペレーターが待機しておりますが、電話がすぐにつながらない場合には、何度もかけなおしてください。

ネット予約がご希望の方は↓をどうぞ。こちらは24時間対応です。
http://www.hori-shika.com/24yoyaku.html

スタッフ募集中

私たちと一緒に働きませんか
堀歯科医院求人情報

この記事を書いたプロ

堀克昌

堀克昌(ほりかつよし)

堀克昌プロのその他のコンテンツ

Share