まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ宮城
林克己

印刷と店舗プロデュースのプロ

林克己(はやしかつみ)

株式会社 ハヤシ印刷

コラム

ご支援お願いします

2011年7月7日

●主旨
南三陸「漁師元気プロジェクト」は3月11日の東日本大震災によって被害を受けた、宮城県漁業協同組合歌津支所青年部漁業者の漁業復興の支援に向け、日本全国民に義援金をお願いし、将来、漁業が復興なった折には、宮城県漁業協同組合歌津支所青年部として出来る範囲で海産物のお礼を行うという、漁業者に夢と希望を与えるプロジェクトである。
●支援業務名
主題 南三陸「漁師元気プロジェクト」
副タイトル 「南三陸若手漁業者復興に夢と希望を!」
●支援目的
平成23年3月11日発生の東日本大震災による漁業被害復興の支援。
●支援対象
主として宮城県漁業協同組合歌津支所青年部所属の若手漁師の漁業復興資材として「船舶」「漁具等」漁業復興に要するものであるが、支援地域と支援対象者は歌津支所青年部が拡充できる。
●支援方法
南三陸「漁師元気プロジェクト」に賛同する支援者よりの義援金を募集する。
●募集主体 南三陸「漁師元気プロジェクト」設立に賛同する各会社中、代表幹事会社が行い、副代表幹事社が補佐する。
●支援期間
義援金募集は原則として2012年7月31日までとし、集まった義援金は入金確認後、諸経費を差し引いた後、歌津支所青年部に速やかに交付する。また、必要とあれば、幹事会社、漁協双方の合意で、延長ができる。

やる気があっても、海に出られない。
船が無い、エンジンが無い漁具が無い、網が無い、ロープが無い。
仲間と支えあい地域を大切にする人達。瓦礫を黙々と片付ける若者達。パフオーマンスは苦手で寡黙。それが東北の漁師なのです。
海で漁をしたい。美味しい三陸の海の幸を届けたい。
この南三陸町漁協歌津支所には、100隻以上の船があったが今回の津波で残った船はわずか3隻。自力復興が大変難しい状況です。
宮城県漁協歌津支所は、歌津町内を襲った津波により跡形もなく、現在は近くの残った浜(田浦地区名足浜)で唯一残った「名足(なたり)出張所」にて業務中。

この記事を書いたプロ

林克己

林克己(はやしかつみ)

林克己プロのその他のコンテンツ

Share

林克己プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
022-223-3344

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

林克己

株式会社 ハヤシ印刷

担当林克己(はやしかつみ)

地図・アクセス

林克己プロのその他のコンテンツ