マイベストプロ宮城
阿部景衣子

内なる美と健康を引き出す肌再生・生涯健康術のプロ

阿部景衣子(あべけいこ) / 美容健康サロン経営

銀花-ginca-

コラム

必見!日焼け止めの正しい使い方と塗り直しについて

2024年2月7日 公開 / 2024年2月14日更新

テーマ:美肌への道

コラムカテゴリ:美容・健康

皆さま、ごきげんいかがですか?
肌再生・生涯健康術のプロ・阿部景衣子です。

私は、お店などでお客様をお迎えし、ご挨拶するひとときで、
その方の肌質、肌性、体調、さらには性格などをお肌から感じ取り
カウンセリングに入ります。

これは長年、様々な方の肌をケアしてきた経験を重ねてきたことによる癖なのでしょうね。

30年近く美容業界に関わっておりますが、私の様な肌の専門家には肌の状態を
見分ける癖がついてるものの、一般の方々に関しては
残念なことに、極端に自分の肌を見極めている方は非常に少ないです。

自分の肌に合っていないお手入れや、化粧品を使っている為に
それによってどんどんと肌の老化、トラブルを加速させてしまっている・・・

ここだけは、何年たっても大きく変わっていないことに危機感を感じおります。

その背景には、様々なメディアやSNSなどの偏った情報を
目にする機会が増えた事も拍車をかけているのでしょう。


日焼け止め、正しく使っていますか?

ここ数年で、日本でも紫外線に対する認識が高まり
日照時間の少ない冬でも日焼け止めは1年中使うのが、
美容業界でも基本のお話になりました。
ドラックストアでもUVケアの商品は年中並ぶのを見るようになりましたね。

私は、美肌が作られにくい環境代表の国オーストラリアに住んでいました。
(詳しくはこちら
オーストラリアはオゾンホールの下に位置しているという地理的な影響もあり、日本の約5〜7倍は紫外線が強く、紫外線による皮膚ガンになりやすい環境です。
オーストラリア在住中、私は日焼け止めをほとんど使ったことがありません。
紫外線という外的刺激がとても強い場所で、日焼け止めのお肌にかける負担よりも、
外的刺激から守ってくれる、バリア機能の役目を果たしてくれる肌のお手入れ方法を実証してみたかったからです。

それだけ紫外線が強い土地で暮らす場合でも、紫外線カット数値の高い日焼け止めにばかり頼る事は必要なく、できるだけお肌に負担をかけない正しい日常のケアを心がけましょう。

それでは、どんな日焼け止めを選んだら良いのでしょうか。
日焼け止めに書いてあるSPF数値、高いものだとSPF50やSPF50+などの
製品も多く並んでいますが、 紫外線の強いオーストラリアでは、一番高くてSPF20台までです。
それ以上高いものは必要ないからなのです。

日焼け止めに入っている紫外線吸収剤は紫外線を吸収することで
紫外線から肌を守る役割をしていますが、吸収剤の成分がシミの原因にもなっていました。
その為、だいぶ前からは紫外線吸収剤は使わない
紫外線散乱剤の配合で肌の上で紫外線を反射し散らして
防御する日焼け止めが主流です。

紫外線の化粧品は、どちらにしてもSPFが高いほど、
吸収剤や散乱剤の量を多くいれなければなりません。
また、肌に乗せて使い心地良いテクスチャにするために
油分なども多く含まれます。
また、冬の時期は、乾燥を防ぐ為に保湿の基礎化粧品を肌に乗せられるだけ
乗せてしまいがちです。
保湿ケアについてのコラム(詳しくはこちら)でもお話しておりますが、
油分は酸化を招き、肌のターンオーバーを妨げ乾燥に繋がります。
さらにSPF値の高い日焼け止めを塗り続けるということは
酸化+乾燥で2重のダメージを受けている事となります。

美肌作りの冬の過ごし方としては、過剰な塗り重ね保湿は控え、
日焼け止めに関しては負担を減らす為にも、
指数の高いものをつけっぱなしよりも、
低いものをこまめに付け直す事が理想です。

日焼け止めの正しい塗り直し方

日焼け止めのSPFの数値で、効果のある時間が変わります。
「SPF1×20分」と考え、例えばSPF20なら
20×20=400分。つまり6時間40分となります。
ですが、マスクや顔が衣服などで擦れたり、汗をかいたりして落ちて
塗りたてをキープするのは、なかなか難しいです。
数時間おきに付け直すか、肌の為にも帽子やサングラス、日傘などを駆使して
日焼け対策をするのをお勧めします。

なんでもそうですが、よく耳にする宣伝情報などをそのまま受け止めてしまい、
極端な発想や行いは歪みを起こします。

例えば、完全に悪者扱いされる紫外線だって、ある程度は体に取り入れないと
ビタミンDが極端に不足してしまい、骨の健康に悪影響を及ぼします。

太陽の光を感じ、浴びることで心身共に健康的な幸せをつくりだします。

そして、紫外線対策で重要なのが睡眠をしっかりとること。
しっかりと質の良い睡眠をとることで、日中に受けた紫外線の刺激(活性酸素)
から回復する手助けをしてくれます。
その為にも、自律神経を整えられる背骨の硬直の解放をお勧めします。
背骨の解放についてはこちらをご参照ください。

冬場も紫外線対策は美肌と健康には大事なことです。
外側からは日焼け止め対策をし、内側からは質の良い睡眠をとって健やかなお肌作りを一緒に目指しましょう。


このブログページでお話していることは、プロの経験から、
より正しい美容健康の情報として、毎回たくさんの方にご覧いただきたい内容となっております。

私は、驚くほどアナログな人間です。
この文章さえも、スタッフに代わりに打ってもらっています。

ご覧になっている方で、ネットに詳しい方はぜひお友達などに
広くご紹介いただき皆様のお役に立てれば幸いです。

お問い合わせ方法
◆公式LINEはこちら

プロの専門家が美容や健康に関するあらゆるお悩みにご対応しております。
◆世界初!活性酸素対策のエステを受けてみたい方、お気軽にご相談ください。
(ご連絡・ご相談の際は「マイベストプロ」を見たとお伝えください)

◆当サロンについてはホームページ

◆還元法を取り入れた化粧品についてはこちらをご覧ください。

この記事を書いたプロ

阿部景衣子

内なる美と健康を引き出す肌再生・生涯健康術のプロ

阿部景衣子(銀花-ginca-)

Share

関連するコラム

コラムのテーマ一覧

  1. マイベストプロ TOP
  2. マイベストプロ宮城
  3. 宮城の美容・健康
  4. 宮城のリラクゼーション
  5. 阿部景衣子
  6. コラム一覧
  7. 必見!日焼け止めの正しい使い方と塗り直しについて

© My Best Pro